信州大学附属図書館 信州大学附属図書館

リンクリゾルバ利用方法

「リンクリゾルバ」とは、各種文献データベースの検索結果から、必要な論文・文献の適切な入手方法・入手経路を 案内するためのシステムです。
リンクリゾルバを使用することで、次のようなことが可能となります。

  1. 信州大学で契約している電子ジャーナルへのリンク
  2. 信州大学や他の図書館のOPACなどで所蔵を探す
  3. 機関リポジトリ、インパクトファクターなどの関連情報を検索する
  4. 図書館に文献複写を依頼する
  5. 文献管理ソフトへのエクスポート

リンクリゾルバイメージ図

リンクリゾルバイメージ図 ※クリックで拡大表示します。

リゾルバ中間画面説明

検索対象の論文・文献に応じて、各種リンクが表示されます。

resolver_window.JPG ※クリックで拡大表示します。
  1. フルテキストへのリンク
    信州大学で電子ジャーナルが利用可能である場合、リンクが表示されます。
  2. 信州大学・他館の所蔵を探す
    信州大学OPAC、CiNii Books、国会図書館サーチなどへのリンクです。
    論文掲載誌の冊子体、図書を探す場合にお使いください。
  3. その他関連情報からの検索
    論文・文献の各種関連情報へのリンクです。
    JCR:掲載誌のインパクトファクター参照、JAIRO:機関リポジトリの検索、
    Google Scholorほか別データベースの再検索などが可能です。
  4. 論文を取り寄せる
    信州大学附属図書館へ、文献複写・現物貸借を申込みます。
    My Libraryのログイン画面が表示されますので、教職員の方はACSU ID(業務用)を入力してください。
    学生の方は各図書館にお問い合わせください。
  5. 文献管理ソフトへのエクスポート
    文献管理ソフトへ、標題や著者などの書誌情報を出力します。
    EndNote Basic、RefWorksに対応しています。

対応データベース

2014/9/30現在

各データベースの検索結果に、アイコンリンクリゾルバアイコンまたはリンクテキストが表示されています。