• 受験生の方へ
  • 医師の方へ
  • 企業団体の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 地域の方へ
  • 在学生の方へ

博士課程 疾患予防医科学系専攻

疾患予防医科学系専攻

大学の重要研究領域である包括的予防医療を推進すべく本専攻は従来の加齢適応医科学系、臓器移植細胞工学医科学系と医学系専攻の合体によって設置され、従来の諸専攻を進化させた独立専攻です。

ミッションは、様々の病態の解析とその予防・治療面からの解決法を究明し、高齢化社会の医療問題点など将来の医療に対処できる人材を育成するための教育研究を行うことです。遺伝子から細胞、個体レベルまで基礎的研究と同時に、長寿県という地域の特徴を生かした産官民連携研究も盛んに行われています。


博士課程 疾患予防医科学系専攻カリキュラム・シラバス

領域から選ぶ

分子細胞制御学
加齢生物学 独自サイト
神経可塑性学 独自サイト
分子腫瘍学
分子病理学 独自サイト
個体機能制御学
代謝制御学
循環病態学
(旧:発生再生医学)
独自サイト
スポーツ医科学 独自サイト
健康促進学
健康教育心理学
老化制御学

教授から探す

医学の注目キーワードから探す

博士課程 専攻案内

メニュー