信州大学大学院 医学系研究科 疾患予防医科学系 加齢生物学教室

 

Contents

沿革

メンバー

業績

 学術論文・書籍

   2015年以降

   2014年まで

   2010年まで

 学会発表

   2015年以降

   2014年まで

   2010年まで

 学会賞等の受賞歴

写真集

活動予定(教室内用)  

updated 8/26

リンク

大学院生・研究生募集

 

 

 

 

 

なぜ(Why)、どのように(How) 生物は老化するのだろうか?

生理的機能が衰え、老年病を罹患する機構とその予防法は?

 

私たちの研究室では、促進老化・短寿命で様々な老化関連病態を自然発症する

老化促進モデルマウス (Senescence Accelerated Mouse: SAM) や、そのほかの

老化関連疾患モデルラットやマウスを用いて遺伝学的かつ分子生物学的に解析

することにより、「老化や老化疾患のwhy?」の解明を目指している。

 

主な研究テーマ

 

1 モデル動物を用いた老化病態の遺伝学的研究

 a) アミロイドーシスの分子遺伝学的解析

 b) 疾患モデルラットを用いた遺伝子機能の解析

2 老化促進モデルマウス(SAM)を用いた老化・加齢の分子生物学的研究

 a) 老化や寿命を規定する遺伝的要因の解析

 b) 骨粗鬆症、高脂血症等の老化病態の遺伝的解析

 c) 抗老化処方の開発

3 松本市熟年体育大学をフィールドとした解析

a) 高齢者における運動処方と遺伝的要因との関連の解析

 

 

This page was last updated on 26 August 2016 by J Sawashita.