• 受験生の方へ
  • 医師の方へ
  • 企業団体の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 地域の方へ
  • 在学生の方へ

博士課程 疾患予防医科学系専攻

スポーツ医科学

概要

地球温暖化、超高齢化の社会問題の打開策を社会に提供することを理念とする。人類はその誕生以来、優れた運動能、環境適応能によって地球上に広く分布してきた。しかし、最近のアメニティの発達はこれらの能力を劣化させ、アメニティ獲得のための資源エネルギー消費によって資源の枯渇、地球温暖化を促進させるという悪循環を引き起こしている。そこで、人類が生来有する遺伝形質でこの悪循環を断ち切る方策を提供する。

研究テーマ

1) 運動時の熱中症予防のための方策の提供:

・我々は運動時の体温調節能の改善には血漿量の増加が必要条件であると考えている。そのメカニズムの解明と血漿量増加のための補助食品の開発を行う。

2) 生活習慣病・介護予防と治療のための方策の提供:

・我々は一週間に60分以上のややきついと感じる運動(インターバル速歩)が、体力向上、生活習慣病指標の改善、うつ改善に効果があることを健常人で明らかにしてきた。そこで、この研究対象を病人にまで拡大しインターバル速歩の「治療」方法として可能性を検証する。

3) 運動反応性遺伝子の探索:

・同じ運動処方を行っても効果がある人とない人がいる。これは個人のもつ体質(遺伝子)に起因する。この遺伝子を明らかにすることで、学術的にはヒトのもつ優れた環境適応能の遺伝子が明らかとなり「ヒトとは何か」という科学にとって本質的な命題に取り組むことになる。応用面ではテーラーメード型運動処方に繋がる。また、フィールドで「釣り上げた遺伝子」について遺伝子改変マウスを作成し、その機能を詳細に検討することも可能になる。

スタッフ

教授

能勢 博

准教授

増木 静江

その他

7名

学生数

博士課程学生数

9名

研究室の所在及び連絡先

〒390-8612 長野県松本市旭3-1-1
信州大学大学院医学系研究科・疾患予防医科学系専攻
スポーツ医科学講座(疾患予防医科学系専攻研究棟 西棟2階)
Eメール:isports@shinshu-u.ac.jp
電話番号:0263-37-2682 / FAX:0263-34-6721

主要な成果/Major Publications

  1. Masuki S, Sumiyoshi E, Koshimizu T, Qian J, Higuchi K, Tsujimoto G, and Nose H. Voluntary locomotion linked with cerebral activation is mediated by vasopressin V1a receptors in free-moving mice. J Physiol (Lond.) in press. Doi:10.1113/jphysiol.2013.251876
  2. Kamijo Y, Ikegawa S, Okada Y, Masuki S, Okazaki K, Uchida K, Sakurai M, and Nose H. Enhanced renal Na+ reabsorption by carbohydrate in beverages during restitution from thermal and exercise-induced dehydration in men, Am J Physiol 303: R824-R833, 2012. DOI: 10.1152.ajpregu.00588.2011.
  3. Kamijo Y, Okada Y, Ikegawa S, Okazaki K, Goto M, and Nose H. Skin sympathetic nerve activity component synchronizing with cardiac cycle is involved in hypovolemic suppression of cutaneous vasodilatation in hyperthermia. J Physiol Lond) 589: 6231-6242, 2011.
  4. Morikawa M, Okazaki K, Masuki S, Kamijo Y, Yamazaki T, Gen-no H, and Nose H. Physical fitness and indices of . lifestyle-related diseases before and after interval walking training in middle-aged and older males and females. Br J Sports Med 45: 216-224, 2011.
  5. Ikegawa S, Kamijo Y, Okazaki K, Masuki S, Okada Y, and Nose H. Effects of hypohydration on thermoregulation during exercise before and after 5-day aerobic training in a warm environment in young men. J Appl Physiol 110: 972-980, 2011.
  6. Miyagawa K, Kamijo Y, Ikegawa S, Goto M, and Nose H. Reduced hyperthermia-induced cutaneous vasodilation and enhanced exercise-induced plasma water loss at simulated high altitude (3,200m) in humans. J Appl Physiol 110: 157-165, 2011.
  7. Masuki S, Mori M, Tabara Y, Miki T, Morikawa M, Miyagawa K, Higuchi K, and Nose H for the Shinshu University Genetic Research Consortium. Vasopressin V1a receptor polymorphism and high-intensity interval walking training effects in middle-aged and older people. Hypertension 55: 747-754, 2010.
  8. Goto M, Okazaki K, Kamijo Y, Ikegawa S, Masuki S, Miyagawa K, and Nose H. Protein and carbohydrate supplementation during 5-day aerobic training enhanced plasma volume expansion and thermoregulatory adaptation in young men. J Appl Physiol 109: 1247-1255, 2010.
  9. Okazaki K, Ichinose T, Mitono H, Chen M, Masuki S, Endoh H, Hayase H, Tatsuya Doi T, and Nose H. Impact of protein and carbohydrate supplementation on plasma volume expansion and thermoregulatory adaptation by aerobic training in older men. J Appl Physiol 107: 725-733, 2009.
  10. Masuki S and Nose H. Increased cerebral activity suppresses baroreflex control of heart rate in freely moving mice. J Physiol (Lond) 587: 5783-5794, 2009.

 

博士課程 専攻案内

メニュー