お知らせ

自然科学館からのお知らせ一覧

たくさんのお申込みをありがとうございました. お申込み頂いた方全員に受付のメールを送信いたしました. 申し込みをされた皆様で受付のメールが届いていない場合は,お手数ですが下記問い合わせ先までお電話下さるようお願いいたします. また,お申込み頂いた皆様には,今月中旬にご案内のメールをお送りしますので,"@shinshu-u.ac.jp"からのメールを受信できるよう設定のご確認をお願いいたします. 自然科学館では,信州大学自然科学館レクチャー「折り紙で恐竜の骨格を作ろう」を開催いたします. 自然科学館にも展示してある折り紙で作った恐竜の骨格を,作成者であるクリエイターの方が丁寧に解説して下さいます.本にも載っていない本格的な骨格作品を作成できる貴重な機会です.是非ご参加下さい. 【内容】 *「ティラノサウルス」または「ブラキオサウルス」のいずれかを選んで作成します. *第3回で恐竜1体を完成させることを目標とし,第1回と第2回はそのためのパーツ作りを行います. *いずれか1回のみの参加も可能です. 【講師】 山下祐磨 氏 折り紙恐竜クリエイター,信州大学理学部地質科学科(現在の地球学コース)卒業生. インスタグラム https://www.instagram.com/dinosaurs_origami_skeleton/ X(Twitter) https://twitter.com/

続きを読む

山田桂館長と研究室の学生らが,秋田県能代市二ツ井町の地層からクジラ化石を発掘しました. 同化石は,共同研究者とともに実施した2020年の地質調査の際に約270万年前の地層から種類不明の化石として発見され,信州大学が中心となって毎年発掘が進められていたものです. 今回,2022年の発掘時に発見された長さ4 mを超える大きな化石が,今年度共同発掘を行った福井県恐竜博物館の研究員の調査により大型のヒゲクジラの下顎の化石であることが明らかになりました. 発掘調査では,これまでも肋骨などを含む複数の化石が発見されており,研究グループでは,地元の方の協力も得ながら今後も調査を継続する予定です.
10月28日(土)午後に,理学部第一講義室において,開館10周年記念講演会「自然科学館の10年を振り返って」を開催いたしました.当日は,オンラインでの参加者を含めて85名もの方々にご参加頂きました.初代から現館長の自然科学館にまつわる話や,アルバイトで自然科学館の運営に携わっていた元学生目線での話に,会場は大いに沸きました.また,貴重な蝶の標本の自然科学館への寄贈に対して,感謝状が送られました.
自然科学館では,開館10周年を記念して,以下の通り講演会を開催します.歴代館長による講演の他,講演会後には,自然科学館見学ツアーにご参加いただけます(希望者のみ). 多数の皆様のご来場をお待ちしております. 自然科学館開館10周年記念講演会「自然科学館の十年を振り返って」 日時:2023年10月28日(土)13:00-15:20 場所:信州大学理学部1番講義室(信州大学松本キャンパス) https://www.shinshu-u.ac.jp/guidance/guide/matsumoto/ 参加費:無料 参加申込:申し込み不要(対面の場合) *オンラインでも聴講いただけます. 希望される場合は2023年10月25日(水)17:00までに以下のフォームからお申込みください. オンライン参加お申込みフォーム プログラム 12:30 開場 13:00 開会の挨拶 13:10 「らんまん」植物学から信州「山岳生命系」へ     佐藤利幸 信州大学名誉教授(初代館長) 13:35 自然科学館の「お宝」生物標本の利活用     ~標本は過去をめぐるタイムマシン~     東城幸治 副学長・生物学コース教授(二代目館長) 休憩 14:10 デジタルを活用した自然科学館     山田 桂 地球学コース教授(現館長) 14:35 元学生スタッフが自然科学館のあれこれを紹介します     田村 遼

続きを読む

MENU