信州大学HOME

facebookenglish

Menu

教員一覧

バイオハイブリッドによる新技術創出を目指して!

秋山 佳丈
教員氏名
秋山 佳丈
職名
准教授
所属
機械・ロボット学科 バイオエンジニアリングコース
研究分野

バイオロボティクス、組織工学、再生医療、マイクロマシン

研究課題

(1) 細胞と機械の融合によるバイオハイブリッドデバイスの構築
(2) 磁場によるラベルフリー細胞ハンドリング技術の開発とそれによる試験管内での生体組織の構築
(3) インクジェットを用いた細胞瞬間凍結法の開発

出身校
東京農工大学
SOAR
研究者総覧(SOAR)を見る
研究室
研究室のホームページを見る
一言コメント

秋山研究室では、生体と機械を組み合わせることで、新しい技術の創出を目指しています。最近は、磁場による細胞ハンドリング技術を開発し、試験管内での3次元生体組織の構築にも取り組んでいます。

研究紹介

バイオハイブリッドによる新技術創出 マイクロロボットから再⽣医療まで

生体を機械部品として、直接的に人工システムに取り込むことで、従来の機械システムとは異なる新しい技術の創出を目指しています。例えば、筋肉は、生物が40億年の進化の末に獲得した大変優れたアクチュエータ(駆動源)です。そこで、モーターの代わりにこの筋肉を取り込むことで、電気や化石燃料を必要としないだけでなく、生体の持つ自己組織化・自己修復機能を備えたバイオハイブリッドロボットの創成を目指します。また一方で、細胞を磁場によって操作する技術を確立し、細胞から移植可能な生体組織を組み上げるシステムの開発も行っています。

 

 
生体の筋肉によって動くデバイスの例
(左)自律歩行するマイクロロボット
(右)大気中で動くマイクロピンセット
  (左)磁場によって細胞から組織を組み上げるイメージ
(右)そのためのシステム概要

 

≪研究から広がる未来≫


現代社会は化石エネルギーに依存していますが、それらの可採年数は150年程度と言われています。筋肉で駆動するロボットが出来れば、エネルギー問題を解決することができます。また、各組織の細胞へと分化することが出来るiPS細胞が注目を集めています。これらの細胞を用いて移植可能な三次元組織を構築することが出来れば、再生医療の発展に大きく貢献できます。