信州大学HOME

facebookenglish

Menu

教員一覧

Small in Size、 Big in Performance; 材料の世界へようこそ

夏木 俊明
教員氏名
夏木 俊明
職名
准教授
所属
機械・ロボット学科 機能機械学コース
研究分野

複合材料・物性、材料力学

SOAR
研究者総覧(SOAR)を見る
一言コメント

科学技術の今、次世代の新素材としてカーボンナノチューブが注目されています。カーボンナノチューブを利用し、さまざまな高機能材料への開発とその機能性評価に重点を置いています。

研究紹介

驚異の新素材:カーボンナノチューブ! ⾼機能性ナノ複合材料を作り、解析評価

繊維は様々な分野で活用されています。繊維というとまず衣服が思い浮かぶでしょうが、繊維の役割は日常生活に止まりません。カーボンナノチューブ (CNT) の発見が世界的に知られ、その合成や評価・解析技術の開発に大きな関心が集まっています。夏木研究室では、CNTの機械力学特性 (弾性率、振動、座屈など) を解明し、そのCNTを用いて高機能性複合材料の開発を行います。従来の材料では到達できない独特な性能を持つCNTを生かし、軽量で高機能なCNT強化複合材料を創成すること、またその様々な活用が期待されます。

 

 
(左) カーボンナノチューブの力学特性解析に使う分子構造モデル。(右) 有限要素法により、カーボンナノチューブの振動特性を解析。   実験での測定が困難であるため、コンピューターでカーボンナノチューブの機械力学特性の理論解析と評価を行っているところ。

 

≪研究から広がる未来≫


飛行機の部材として使う場合に、より軽くより強くすることが求められます。複合材料の特徴の一つは軽くて強度と剛性が高いことです。炭素材料は、繊維状にすることにより欠陥寸法を小さくでき、また結晶の方向が一定なのでより高い強度を示します。特にCNTを用いたナノ複合材料の力学特性、減衰性と制振制の向上が出来、宇宙航行やスポーツ用品などに適します。研究開発が進めば、CNTの性質を利用して様々な用途への拡大が期待できます。