信州大学HOME

facebookenglish

Menu

教員一覧

五感を科学して製品の付加価値を向上

金井 博幸
教員氏名
金井 博幸
職名
准教授
所属
先進繊維・感性工学科 先進繊維工学コース
研究分野

感覚計測工学、生体機能計測

SOAR
研究者総覧(SOAR)を見る
研究室
研究室のホームページを見る
一言コメント

感覚計測工学・生体機能計測学に基づいて、「製品の優れた特性」がエンドユーザの「心理的印象」および「身体的効果」に及ぼす影響を計測・評価する技術を構築し、評価結果を製品設計に展開することを目指しています。

研究紹介

五感を科学して製品の付加価値を向上

「ハッ」と目が覚めるような黒のスーツを身にまといゴージャスな大人の雰囲気を感じたい。お風呂上がりには「マシュマロ」みたいな肌触りのルームウェアに包まれていたい。金井研究室ではそんな消費者の素直な要求を満たす「幸せのためのもの創り」を実践しています。何本もの細い繊維を束ねて糸を創り、それを経緯に組み合わせて創られた布はテキスタイルと呼ばれ、フィルムや紙と比べてしなやかで強く、軽くて空気をたくさん含む魅力的な素材です。このテキスタイルを消費者の要求に合わせて効率よく創りあげる方法を研究しています。

 

 
布の光反射を測定してヒトが感じる「深み」や「艶やかさ」などの印象を数値化できる装置。布の美しさを数字で評価できる。   スーツを着たヒトの筋肉の活動 (筋電図) を測ることで、そのスーツがどれだけ動きやすいかを知ることができる。

 

≪研究から広がる未来≫


ユーザフレンドリを満足させるものづくりの方法論を実現するためには、人間の心理、生理反応を計測し数値化して、消費者のニーズを正確に把握することから始めます。まさに「ヒトを測ってそのヒトを知る」のです。この技術を応用すれば、宇宙飛行士や消防士など危険な作業をともなうヒトの状態を知ったり、心地よい香りをかぐことでどのくらいリラックス効果が得られたかを知ることもできるのです。