信州大学HOME

facebookenglish

Menu

教員一覧

機能性高分子(医用高分子材料)の開発を研究しています

寺本 彰
教員氏名
寺本 彰
職名
准教授
所属
化学・材料学科 機能高分子学コース
研究分野

機能性高分子 (医用高分子材料) の開発

SOAR
研究者総覧(SOAR)を見る
一言コメント

私たちの研究室では人工臓器に代表される、生物医学領域で利用が可能な高性能材料の開発を目指して研究を行っています。

研究紹介

天然素材から作る体に優しい材料。高分子材料は体の修復の手助けもできる!?

私たちは本来有している治癒能力では修復不可能なくらい大きな障害を受けてしまったら、その部分を代替えする物を使って修復しなければなりません。人工的な材料は生体にとって異物として認識されるため、生体はそれを体外に排除したり、無毒化しようとします。実際の医療に用いられている多くの高分子材料もまた生体には異物であり、生体にとって優しいものではありません。生体に、より適合した新しい高分子材料を考え開発することは、様々な疾病の治療を行うためにもとても重要なことです。

 

 
セルロースをナノファイバー化した不織布上で増殖しているマウスの骨芽細胞。   無菌状態を維持できる装置中で、作製した素材を敷き詰めたシャーレを用いて組織細胞を長期間培養し、機能について検討を行う。

 

≪研究から広がる未来≫


体の中で組織細胞はたくさんの生体高分子が絡み合った細胞外マトリックス (ECM) と呼ばれる高分子集合体に囲まれて存在しています。体の器官を修復させるためには、細胞だけでなくこのECMを作り出すことが必要です。私たちは天然物であるタンパク質や多糖類を素材として人工的なECMの開発を試みています。この様な素材は再生医療などの臨床への応用が期待されます。