信州大学HOME

facebookenglish

Menu

教員一覧

超分子光化学を研究しています

鈴木 正浩
教員氏名
鈴木 正浩
職名
教授
所属
化学・材料学科 機能高分子学コース
研究分野

超分子光化学

SOAR
研究者総覧(SOAR)を見る
一言コメント

新しい超分子ゲルの開発と超分子ゲルの新しい応用分野の開拓を行っています。

研究紹介

世の中のあらゆる液体をゲル化!? 超分子ゲルの幅広い応用を模索!

鈴木研究室では、油・有機溶媒・水溶液といった液体をゲル化するような低分子ゲル化剤の開発とその応用研究を行っています。低分子ゲル化剤は、油処理剤をはじめ化粧品、医療・医薬、食品、文房具、塗料・インキ、電子デバイス、液晶等多くの分野でニーズが高い材料です。L-アミノ酸を基盤としているため、生分解性・生体適合性などの特性を持ち環境にやさしい材料です。このような超分子化学をもとにした材料の設計・開発・応用研究は、非共有結合を利用した材料特性や物理化学的性質の制御という点で期待されている研究分野です。

 

 
L-アミノ酸系低分子ゲル化剤によって形成された有機溶媒の超分子ゲル。逆さまにしても落ちてこないほどしっかりとゲル化している。   低分子ゲル化剤が超分子ゲル中で形成するナノ構造、色素増感太陽電池のゲル電解質、TiO₂の鋳型作製、細胞培養基材への応用。

 

≪研究から広がる未来≫


低分子ゲル化剤は、超分子ゲル中でナノファイバーを形成するため、多くの応用研究がなされています。例えば、色素増感太陽電池のゲル電解質としての利用、無機酸化物の鋳型重合による酸化チタンナノファイバーネットワークの創製あるいは細胞培養基材としての評価等の応用研究がなされています。今後、高分子と同じように我々の生活の中に低分子ゲル化剤が浸透していくことが期待されています。