信州大学HOME

facebookenglish

Menu

教員一覧

太陽光から電気エネルギーに変換

森 正悟
教員氏名
森 正悟
職名
准教授
所属
化学・材料学科 ファイバー材料工学コース
研究分野

光物理化学 、太陽電池

SOAR
研究者総覧(SOAR)を見る

研究紹介

身近な材料を混ぜて塗ってみたら高効率太陽電池!

現在市販されている太陽電池はほとんどシリコンという材料から作られています。しかし高純度の結晶で複雑な構造をつくるためには大きなエネルギーが必要です。一方酸化チタン (日焼け止めクリームなど)、ヨウ素 (消毒液など)、色素 (ブルーベリーとか) を混ぜて塗るだけでも太陽電池がつくれます。そしてそんな材料で作った太陽電池のエネルギー変換効率は高く、さらなる効率向上を目指して世界中で多くの大学と企業が研究開発を行っています。森研究室でも高効率太陽電池の開発と、電子移動メカニズムの解明に取り組んでいます。

 

 
さまざまな色素の溶液とその色素から作製した色素増感太陽電池。デザインの良い太陽電池の作製も可能。   大掛かりな装置が無くても太陽電池の作製が可能。

 

≪研究から広がる未来≫


自然エネルギーの代表である太陽光。太陽光から電気エネルギーに変換する太陽電池の普及には製造コストと材料コストを下げつつ、高い変換効率を達成しなければなりません。色素増感太陽電池や有機薄膜太陽電池はそんな低コスト高効率次世代太陽電池として期待されています。また電子移動メカニズムの解明を通して、安価な材料を用いた新しい高性能デバイスが設計できるようになると考えられます。