信州大学HOME

facebookenglish

Menu

教員一覧

有機合成の新規有用手法を開拓

藤本 哲也
教員氏名
藤本 哲也
職名
准教授
所属
化学・材料学科 応用分子化学コース
研究分野

有機合成化学

SOAR
研究者総覧(SOAR)を見る
一言コメント

有機合成化学は新規材料を創出する上で欠くことのできない基盤技術です。ものづくりにおける重要な有機合成化学において、より有用な新規反応、反応剤、触媒の創出を目指しています。

研究紹介

有機分子の左手右手系を制御する。高選択的不斉触媒の開発

有機分子には、鏡像関係にあるいわゆる左手右手系分子が存在する場合があります。鏡像関係にあるため、それらの化学的、物理的性質はほとんど同じですが、生体にとっては異なる分子であるため、特に医薬品開発においてそれらを区別して合成することが重要になります。当研究室では,それら左手右手系分子の一方を選択的に合成するための不斉触媒の開発を中心テーマとして研究を行っています。新しい触媒の創出には触媒をいかにデザインするかが重要ですが、希少金属を用いない、簡便に合成可能、高選択的高活性をキーワードにした新規な触媒創出を目指しています。

 

 
実験室風景。様々な試薬や溶媒、ガラス器具を使い目的とする有機化合物を合成していく。生成物の構造はNMRなどで確認する。   原子の性質に基づき設計された不斉エステル化触媒とその反応。ジオール中の2つの等価な水酸基を区別してエステル化が進行する。

 

≪研究から広がる未来≫


有機合成化学は、新しい材料や医薬品を開発する上で必要不可欠な技術であり、新しい反応、触媒の創出は、有用物質の効率的合成のため重要です。当研究室では、有機合成において重要な炭素-炭素結合形成反応の他、基本反応であるエステル化反応を触媒する不斉触媒の開発を行っています。不斉エステル化反応によりバイオマスであるグリセリンの機能化、光学活性アルコール、アミンの簡便供給が期待されます。