信州大学HOME

facebookenglish

Menu

お知らせ

お知らせ

有機EL(エレクトロルミネッセンス)を利用して野菜栽培の実用化にめど

2008.09.02

化学・材料系の谷口彬雄教授は、消費電力が少なく、野菜により適した光の波長を発することが可能、周りの環境に影響を受けにくい、などの特徴を有する有機ELを用いて、野菜の栽培を行っている。緊急の課題となっている食糧問題の解決の一助となる新技術として注目を集めている。(信濃毎日新聞 2008年8月29日朝刊に掲載)