総合理工学研究科 環境共生学専攻の松永宙樹さんが学生ポスター賞を受賞しました

トピックス

受賞者の松永宙樹さん
受賞者の松永宙樹さん

平成28年3月28日及び29日に日本大学生物資源科学部で開催された第127回日本森林学会において総合理工学研究科農学専攻森林共生学分野・修士1年の松永宙樹さん(受賞時・森林科学科4年生)が学生ポスター賞を受賞しました。

http://www.forestry.jp/meeting/meeting127/posterAwardList127.html

カラマツ天然更新林分と人工植栽林分において、林分構造の違いが間伐作業の生産性等にどのような影響を与えるかについて発表を行ったことに対する受賞です。

発表題目は以下のとおりです。
「カラマツ天然更新林分の構造が搬出間伐に及ぼす影響」
〇松永宙樹1,大塚大3,守口海3,大矢信次郎4,斎藤仁志1,2,3,植木達人1,2,3
(1農学部,2総合理工学研究科,3農学研究科,4長野県林業総合センター)(受賞時)

« 前の記事へ

お知らせ一覧にもどる

次の記事へ »

a