信州大学HOME

facebookenglish

Menu

研究トピックス

研究トピックス

環境の変化を感じる昆虫のセンサー分子

塩見研究室では、蝶や蛾の仲間のもつ日長や温度を感じるセンサー分子の謎を探り、超高性能センサーの開発を目指して研究を行っています。昆虫は季節の変化を敏感に感じ取り、それぞれの季節にあったライフスタイルを送っています。遺伝子導入技術などを用い、昆虫の脳が日長や気温など、季節の変化をどのように感じ、それらをいかにうまく生活に利用しているかについて解析しています。