信州大学HOME

facebookenglish

Menu

教員一覧

美しくて快適な衣服

金 炅屋
教員氏名
金 炅屋
職名
助教
所属
先進繊維・感性工学科 感性工学コース
研究分野

繊維工学、衣服工学

SOAR
研究者総覧(SOAR)を見る

研究紹介

テキスタイル・衣服パターン・製作技術の関係から探る美しくて快適な衣服

消費者が望む機能やデザインを持ち、さらに実際の購入につながる衣服は着心地のよさ、美しさ、格好よさ、エレガントさ、高級感、かわいさなどの感性価値を持っています。また、それは美しくて、物性、機能に優れた衣服材料で作られています。研究室ではこのような美しくて快適な衣服を設計するための方法とは何か、また、そのような衣服のための衣服材料とは何かを繊維工学、衣服学、感性工学的観点から明らかにする研究を行っております。

 

 
衣服作成時に欠かせない芯地の効果に関する研究。(左) 芯地の有無による外観の変化 (左:無芯地、右:有芯地)、ならびに (右) 芯地の有無による着心地の変化 (左:無芯地、右:有芯地)。   縫製・アイロン処理による衣服の立体化のメカニズムに関する研究。同じ布・パターンで製作したジャケットの部位別処理による差。(左) 衿、(中) アームホール、(右) 肩。(上段) 適切な処理有、(下段) 適切な処理無。

 

≪研究から広がる未来≫


芯地を接着した布の物性を接着前の布と芯地の物性から予測する研究、ハイエンド衣服設計技術の分析、外観と着心地に影響する衣服材料・パターン要素とその条件、縫製・アイロン処理による衣服の立体化のメカニズムの研究など、経験に頼ってきた衣服製作方法の原理を明らかにし、工学的体系化を目指した研究を行っています。最終的には美しくて快適な衣服の効率的な設計方法を提案し、消費者が好み・購入する服の生産を目指す産業界の役に立ちたいと思います。