信州大学HOME

facebookenglish

Menu

教員一覧

バイオマス資源の有効利用

嶋田 五百里
教員氏名
嶋田 五百里
職名
助教
所属
化学・材料学科 ファイバー材料工学コース
研究分野

反応工学

研究課題

エネルギー変換、バイオマスエネルギー、燃料電池

SOAR
研究者総覧(SOAR)を見る
研究室
研究室のホームページを見る

研究紹介

バイオマス資源の有効利用で持続可能社会の実現を目指す

  木材や藻類などのバイオマスは、光合成により大気中の二酸化炭素を吸収しながら成長します。そのため、バイオマス由来の燃料は使用しても大気中の二酸化炭素濃度を増加させず、カーボンニュートラルなエネルギー源として期待されています。しかし、バイオマス資源のエネルギー利用実現のためには、エネルギー変換技術の高効率化が不可欠です。当研究室では、バイオマスからの燃料製造やその燃料を用いたエネルギー変換の高効率化を目指し、実験的検討とモデル計算の両面から反応機構の詳細な解明や新規の高活性触媒の提案に取り組んでいます。

(左図) バイオマス資源のエネルギー利用。様々な触媒反応が用いられており、その反応の高効率化が実用化のカギとなる。

 

≪研究から広がる未来≫


再生可能エネルギーであるバイオマス資源を用いたエネルギーシステムの構築により、化石燃料などの枯渇性資源に頼らない、クリーンで持続可能なエネルギー社会の構築を目指します。さらには、バイオマスからの様々な有用物質の合成手法を構築することで、現在石油資源から合成されている多くの化学製品の代替も可能となります。