信州大学HOME

facebookenglish

Menu

お知らせ

お知らせ

学生グループ「桑まるごと活用塾」考案の "かりんとう" が商品化

2012.10.01

繊維学部の学生グループ「桑まるごと活用塾」(学生代表 生物資源・環境科学課程3年、桜井里奈) が考案した、桑の葉を小麦粉に練り込んだかりんとう「信州大学くわりんとう」が商品化されました。上信越道上り・下り各線の東部湯の丸SA、中央道下り線 諏訪湖SAの計3カ所で、1袋125グラム入り380円で売り出されます (製造・販売 米持製菓、飯山市)。9月30日付けの信濃毎日新聞にも取り上げられました (信毎Web版記事はこちら)。