信州大学HOME

facebookenglish

Menu

お知らせ

お知らせ

ナノファイバーを用いたワイパーを開発

2008.11.10

ナノファイバーを用いたワイパーを開発(2008年11月10日)
本学部の創造工学系に所属する金准教授のグループは、福井県の企業と共同でハイテク産業用ワイパーを、直径300ナノメーター(1ナノメーターは10億分の一メーター)の繊維を用いて、従来のワイパーと比較して30倍のふき取り性能を持つワイパーを開発した。12月より販売開始の予定である。本研究は、信州大学が採択された国の科学技術振興調整費(先端融合領域イノベーション創出拠点の形成事業)の成果である。(10月29日;毎日新聞、信濃毎日新聞、日本経済新聞、10月30日;東信ジャーナル、11月5日;朝日新聞、に掲載)