信州大学HOME

facebookenglish

Menu

大学院の教育

大学院・修士課程

総合理工学研究科 


デジタルパンフレット


総合理工学研究科 (修士課程、標準修業年限2年) は、理学専攻 (松本キャンパス)、工学専攻 (長野工学キャンパス)、繊維学専攻 (上田キャンパス)、農学専攻 (伊那キャンパス)、生命医工学専攻 (4キャンパス横断) の5専攻から構成され、入学定員はそれぞれ、75名、240名、160名、65名、35名 (計575名) となっています。学術研究院 (繊維学系) に所属する教員は、繊維学専攻の4分野 (先進繊維・感性工学分野、機械・ロボット学分野、化学・材料分野、応用生物科学分野)、あるいは生命医工学専攻の生体医工学分野における教育・研究に携わります。文部科学省「大学間連携共同教育推進事業 (信州大学・京都工芸繊維大学・福井大学)」と「博士課程教育リーディングプログラム (5年一貫コース)」は本研究科において運用されています。

繊維学専攻 先進繊維・感性工学分野

我が国唯一の繊維工学と感性工学を融合した領域の高度な研究者や技術者を養成するため、「先進繊維工学ユニット」と「感性工学ユニット」を設置します。

繊維学専攻 機械・ロボット学分野

工学と生物学の融合によるカリキュラム構成を特色とし、生物の機能と構造に学んで、限りなく人間に近い感覚と知能を備えた機械、さらに生物を超える性能をもつ機械を創成します。

繊維学専攻 化学・材料分野

材料開発やプロセス・システム開発に主眼を置く「ファイバー材料工学ユニット」、高分子が関わる機能材料設計に主眼を置く「機能高分子学ユニット」、物質の基礎から応用までの化学的探求に主眼を置く「応用分子化学ユニット」を設置します。

繊維学専攻 応用生物科学分野

生物が持つすばらしい機能を積極的に利用することを目標に、幅広い生物を対象として遺伝子・細胞から生態・環境のレベルまで含めた多様な教育研究に取り組みます。

生命医工学専攻 生体医工学分野

我が国の新しい成長戦略にあるロボット技術を先導する人材を養成することで、介護や障がい者のQOL (生活の質) の課題を解決し、日本/世界の医療・福祉に貢献します。

大学院 (修士課程) 入試情報 

2019年度4月入学 一般選抜等の入試結果 ※2019年3月現在

専攻 分野 募集人数 * 志願者数 合格者数
繊維学専攻 先進繊維・感性工学分野 〔38〕54(22)53(22)
繊維学専攻 機械・ロボット学分野 〔19〕34(10)33(10)
繊維学専攻 化学・材料分野 〔71〕96(37)83(37)
繊維学専攻 応用生物科学分野 〔32〕30(10)26(10)
繊維学専攻 合計 160214(79)195(79)
生命医工学専攻 生体医工学分野 ** 1829(6)23(6)
各人数は、一般選抜・特別選抜の合計数。
* 〔 〕数字は分野別の概数。
** 生体医工学分野は松本キャンパス分も含む。


大学院 (修士課程) 修了生の就職先一覧

総合理工学研究科 (修士課程) 修了生の博士課程進学者数 *2017年3月修了以前は理工学系研究科で分野に読替表記

専攻 / 分野 2016年3月修了
173名
2017年3月修了
193名
2018年3月修了
199名
2019年3月修了
203名
繊維学専攻
先進繊維・感性工学分野
2 (1)4 (3)3 (3)3 (2)
繊維学専攻
機械・ロボット学分野
3 (3)6 (4)3 (2)2 (2)
繊維学専攻
化学・材料分野
2 (0)8 (3)4 (2)4 (1)
繊維学専攻
応用生物科学分野
1 (1)0 (0)2 (1)3 (2)
生命医工学専攻
生体医工学分野
0 (0)4 (3)
上田キャンパス 合計 8 (5) [4.6%]18 (10) [9.3%]12 (8) [6.0%]16 (10) [7.9%]
( )内はリーディングプログラム履修生で内数。[%]は全修了者数を母数とした進学率。
生体医工学分野は上田キャンパス分のみ(2018年3月修了から輩出)


カリキュラム

シラバス・学修便覧ほかは、こちら

大学院・博士課程

総合医理工学研究科  (2018年4月入学者から)

大学院博士課程 (標準修業年限3年または4年) は現行の「医学系研究科 (3専攻/入学定員52名)」と「総合工学系研究科 (5専攻/入学定員49名)」を統合再編し、新たに「総合医理工学研究科」を設置します (改組の詳細)。総合医理工学研究科は医学系専攻 (入学定員48名)、生命医工学専攻 (同15名)、総合理工学専攻 (同38名) の3専攻から構成され、学術研究院 (繊維学系) に所属する教員は生命医工学か総合理工学のいずれかの専攻で教育・研究に携わります。

医学系専攻

全人的・学際的教育を通じて、豊かな人間性と高度な基礎的・臨床的研究能力を有する医療専門職者を社会に輩出し、わが国における医学・保健学の発展並びに健康長寿に寄与することを目的とします。「医学分野」と「保健学分野」の2分野から構成されています。

総合理工学専攻

応用的・学際的な「理学」、「工学」及び「農学」分野における諸課題に対し、広い視野で問題を捉え、解決の方策を探究する総合的な洞察力・俯瞰力を育成することを目的とします。「ファイバー工学分野」、「エネルギー・システム工学分野」、「物質創成科学分野」、「山岳環境科学分野」、「生物・生命科学分野」、「数理・社会システム科学分野」の6分野から構成されています。

生命医工学専攻

超高齢化社会において健康寿命を延伸するための、生命・医療・健康・福祉の研究開発を担う人材を育成することを目的とします。「生命工学分野」と「生体医工学分野」の2分野から構成されています。

大学院 (博士課程) 入試情報 

2019年度一般選抜等の結果 (2019年4月入学及び2019年10月入学) ※2019年3月現在

専攻 募集人数 志願者数 合格者数
総合理工学専攻 3851(8+8)51(8+8)
生命医工学専攻 (3年制コース) 54(1+2)4(1+2)
合計 4355(9+10)55(9+10)
第1回・第2回選抜における合計数を4月入学生と10月入学生を区別せずに記載。( )内数字は社会人特別選抜+リーディングプログラム履修生で内数。


総合工学系研究科  募集停止(2017年10月入学者まで)


デジタルパンフレット


大学院総合工学系研究科は、松本市にある理学部 (松本キャンパス)、長野市にある工学部 (長野工学キャンパス)、上田市にある繊維学部 (上田キャンパス) 及び南箕輪村にある農学部 (伊那キャンパス) を母体とし、従前の工学系研究科博士課程に農学研究分野を加えることにより改組統合した博士課程 (標準修業年限3年) から構成されています。生命機能・ファイバー工学専攻、システム開発工学専攻、物質創成科学専攻、山岳地域環境科学専攻、生物・食料科学専攻の5専攻から構成され、入学定員はそれぞれ、15名、12名、7名、8名、7名 (計49名) となっています。学術研究院 (繊維学系) に所属する教員は、生命機能・ファイバー工学専攻、システム開発工学専攻、物質創成科学専攻の3専攻において教育・研究に携わります。

生命機能・ファイバー工学専攻

「生物機能科学部門」、「ファイバー機能工学部門」、「スマート材料工学部門」、「感性生産システム工学部門」、そして「産学連携部門・先端素材工学分野」で構成されています。

システム開発工学専攻

「機械システム工学部門」、「電気電子システム工学部門」、「ナノカーボン先端材料工学部門」、「数理情報システム学部門」で構成されています。

物質創成科学専攻

「物質解析科学部門」、「分子基盤科学部門」、「分子機能材料工学部門」、「極限材料工学部門」で構成されています。

山岳地域環境科学専攻

「大気・水・生物環境科学部門」、「地殻環境科学部門」、「地域環境共生学部門」、「環境創生構築学部門」で構成されています。

生物・食料科学専攻

「生物・生命科学部門」、「食資源生産学部門」、「食品科学部門」、そして「産学連携部門・食品創製学分野」で構成されています。

カリキュラム

シラバス・学修便覧ほかは、こちら
  • 大学院の教育
  • 教員一覧
  • 特色ある取り組み
  • 企業・一般の方へ
  • 在学生の方へ
  • 保護者・卒業生の方へ