理学療法学専攻

理学療法学専攻で学べることと卒業後の職域

rigakuImg.jpg理学療法とは、体の構造やしくみの障害、活動能力低下による日常生活の支障やその恐れがある方を治療する、リハビリテーション医学の専門分野の一つです。

理学療法(Physical Therapy、PT)は、病気やけがにより身体の不自由を感じている人を対象に行われています。もう少し難しく言えば、動作能力が低下して日常生活に支障を来した対象者に対し、運動療法や物理療法を用いて治療する一連の治療技術と言えます。
具体的には、種々の運動をとおして関節の動き・筋力・全身持久力・協調性等の回復を目指し(運動療法)、温熱・水・電気・光線等の物理的エネルギーを用いて鎮痛・循環改善・組織の柔軟性の改善等に努めます(物理療法)。さらに、義肢、補装具や補助器具の利用、運動の指導や日常動作の練習により、人の基本的な活動能力の回復を図ります。これらは、患者の機能を最大限回復し自己の自立性を高めるよう援助するリハビリテーション医学の主要な専門分野のひとつです。

rigakuImg02.jpg本専攻では、一般教育の履修により豊かな教養を身につけるとともに、理学療法の発展に寄与しうる高度な知識と技術を備え、国際感覚を身につけた理学療法士の養成を目指しています。また、近年はこれまで以上に対象者中心の理学療法が求められており、医療・介護チームの一員として、対象者中心の支援を提供できる人材の育成にも努めています。
社会情勢の変化にともない、理学療法士の活躍の場は、医療機関から在宅・地域における障害者や高齢者への支援など、保健・医療・福祉活動全般に拡大しています。本専攻では、健康や生活の質の維持・増進の一翼を担う専門職として、人の一生のあらゆる局面における理学療法に必要な学際的知識・技術を自発的に学ぶ教育を展開します。
また、新たな領域の研究も盛んで、生活習慣病の予防やスポーツ選手に対するコンディショニングなどの分野においても、質の高い理学療法が提供できるような教育・研究を進めています。

卒業後の進路

大学院進学。国公私立病院等の医療機関、大学等の教育研究機関、リハビリテーション施設、肢体不自由児施設、介護老人保健施設、指定介護老人福祉施設等の介護保健施設、保健所、市町村役場等へ就職しています。

信州大学保健学科理学療法学専攻の進路実績はこちらrigaku.jpg

カリキュラム

1年生

  • 共通科目
  • 保健学科共通専門科目
  • 見学実習・理学療法学基礎科目

2年生

  • 理学療法治療学科目
  • 理学療法評価学科目
  • 臨床医学科目

3年生

  • 臨床実習Ⅰ
  • 疾患別理学療法治療学科目
  • 臨床基礎実習

4年生

  • 臨床実習Ⅰ・Ⅱ
  • チーム医療演習
  • ゼミナール(卒業研究)

教員紹介

基礎理学療法学領域

木村 貞治 (教授) tkimura(at)shinshu-u.ac.jp 毎週火曜日12:00-13:00
百瀬 公人 (教授) kmomose(at)shinshu-u.ac.jp 毎週月曜日12:00-13:00
毎週金曜日12:00-13:00
横川 吉晴 (准教授) fhakuba(at)shinshu-u.ac.jp 毎週火曜日12:00-13:00
西澤 公美 (助教) hitnishi(at)shinshu-u.ac.jp 毎週水曜日12:00-13:00

応用理学療法学領域

大平 雅美 (教授) mohira(at)shinshu-u.ac.jp 毎週火曜日12:00-13:00
齋藤 直人 (教授) saitoko(at)shinshu-u.ac.jp
毎週火曜日12:10-13:00
ゴウ アーチェン (准教授) gohac(at)shinshu-u.ac.jp 毎週月曜日12:00-13:00
毎週火曜日12:00-13:00
青木 薫 (准教授) kin29men(at)shinshu-u.ac.jp
毎週金曜日12:00-13:00
三好 圭 (助教) kmiyosh(at)shinshu-u.ac.jp 毎週月曜日12:00-13:00