信州大学医学部衛生学公衆衛生学教室

MENU

教室の風景

ホーム<教室の風景

研究や講義について,また日常の出来事など,教室の風景を紹介します。

2019.6.24 更新

6月15日に日本産業衛生学会北陸甲信越地方会 常任理事会が開催されました。
本会については日本産業衛生学会北陸甲信越地方会のページで情報を公開しております。
本年度の地方会総会は長野県長野市で開催予定となっております。皆様の活発なご参加をお待ち申し上げます。

2019.6.10 更新

5月26日に信州大学旭総合研究棟で大気環境学会中部支部 公開講演会が開催されました。
気候変動やPM2.5、待機中の化学物質濃度など大気環境に関わる活発な発表と議論が行われました。
なお、2020年度には、松本市で第61回大気環境学会年会が開催予定です。詳細は決定次第連絡致します。皆様のご参加をお待ち申し上げます。

2019.6.10 更新

5月22日~25日に名古屋国際会議場で第92回日本産業衛生学会が開催されました。
「現場への貢献!~人・企業・社会を支える~」をテーマに社会衛生、産業保健に関する活発な発表、議論が行われました。
当教室から発表した演題は以下の通りです。
水木将:一般口演O10-03「呼吸用保護具の密着性に影響を与える動作要因と装着指導の効果の検討に関する調査研究」

2019.4.24 更新

本日、4月いっぱいで異動となる当教室技術補佐員の小池さんの送別会、4月より信州大学健康安全センター助教に着任しました長谷川先生の歓迎会を行いました。
1年半の期間、様々な研究にご尽力いただき、誠にありがとうございました。新天地での活躍をお祈り申し上げます。
また、長谷川先生は、これから教室ならびに健康安全センターの一員として共に研鑽を積み、社会医学の発展に努めていきましょう。よろしくお願い致します。

2019.4.24 更新

4月22日に当教室野見山教授担当のクラス懇親会が開催されました。
よりよい大学生活が送れるように教員一同でサポートしていきます。

2019.4.2 更新

4月1日より新年度となり、早速医学部医学科3年生の講義が始まりました。
衛生学公衆衛生学の大切さを学べるよう、教室員一同で講義に励んで参ります。

2019.3.15 更新

3月13日にエコチルセンターメンバー、教室メンバーによる昼食会を行いました。
お弁当は、「十六夜」のお弁当です。季節の食材を使った豪勢で美味しいお弁当を頂きました。
エコチル調査では、学童期調査が始まります。より良い調査ができるように全員で協力して頑張ります!

2019.2.27 更新

本日、2月の昼食会を行いました。
今月のお弁当は、「かつ玄」のチキンカツ弁当です。ボリュームたっぷりで美味しいお弁当を頂きました。

2019.1.29 更新

1月28日に長野県衛生管理研究会、三部会合同研修会「治療、障害と職業生活の両立支援にどう取り組むか」を信州大学医学部で開催致しました。全体で26名の先生に参加頂きました。 実際の産業現場にける治療を行いながら就労する方の実態、両立支援の実態、さらに今後どのような両立支援が必要であるかを検討しました。
まず、信州大学医学部産業衛生学講座の塚原照臣教授を座長とし、信州大学医学部子どものこころの発達医学教室の本田秀夫教授に「職場における発達障害の人への対応」を題目とし、発達障害の基本的知識、職場における対応を教育講演としてご講義頂きました。
続いて、セイコーエプソン(株)統括産業医の福嶋義光先生を座長とし、信州大学医学部包括的がん治療学教室の小泉知展教授に「がんとの共生について」を題目とし、がんの疫学や治療の実際、対応を教育講演としてご講演頂きました。
最後に信州大学医学部産業衛生学講座の塚原照臣教授を座長とし、事業所における取り組みと課題をセイコーエプソン(株)産業医の柴瑛介先生が産業医の立場から、ミネベアミツミ(株)産業看護職の小林きよみ先生が産業看護職の立場から、長野県労働基準協会連合会の杉﨑先生が衛生管理者の立場からそれぞれ発表され、会場の参加者を交えた活発な議論が展開されました。
ご参加頂きました皆様、並びにご講演、ご発表頂きました先生方、誠にありがとうございました。

2018年以前の教室の風景を見る

トップに戻る