信州大学医学部衛生学公衆衛生学教室

MENU

教授挨拶

ホーム<教授挨拶

野見山 哲生

教授 野見山哲生

本教室HPに来訪頂きありがとうございます。 信州大学医学部衛生学公衆衛生学教室は衛生学と公衆衛生学を担当しています。 講座は昭和19年(1944年)に開講し、私で第6代目の教授になります。 本講座の名称にある「衛生学」とは「生(せい)を衛(まも)る」学問であり、実験的、 疫学的に検証して疾病の原因を明らかにするだけでなく、更に制度、施策といった社会的対策を含む具体的な対策を講じ、 疾病発症を予防していくことを大きな目的としています。その為講座は一致団結し高いレベルの教育、研究、社会貢献を目指しています。

教育は医学部、大学院における私達の活動の基本です 。医学部学生に地域に根ざした臨床医師に不可欠な公衆衛生知識、マインドを育むことのできる知識レベルを充たす講義と、 知識が身に付く実習を重視して行っていきます。また、大学院(修士課程、博士課程)では、 衛生学公衆衛生学を担う人材育成はもとより、地域や組織で医療に従事する医師、 医療関係者が疫学等の衛生学公衆衛生学の知識、技術を用いて仕事をまとめて、エビデンスが得られるようサポート体制を確立したいと考えています。

研究は教室の根幹をなしています。実際に社会で役に立ち、 成果が本邦のみならず世界に通用するような研究を行っていきたいと考えています。 領域は産業医学、環境医学分野においては基礎的な実験と疫学研究、そして母子・小児保健分野、精神保健福祉分野、 感染症分野における健康リスク要因解明、介入効果の検討の為の疫学研究に携わる他、 本邦そして長野県でニードのある領域に携わって参りたいと考えています。 そして臨床現場において必要とされる健康リスク要因の解明や治療効果の判定といった臨床疫学についても積極的に携わって参りたいと考えています。

また、社会貢献は社会医学である衛生学、公衆衛生学の存在意義そのものです。 私達が得た研究成果だけでなく、アカデミズムの場で得られた成果を元に 、実際の公衆衛生、産業保健の現場に応用し具体的に役に立ちたいと考えています。 その為、私達は国、都道府県、市町村、会社そして市民団体、個人の日常に還元できるよう、あらゆる場で活動して参りたいと考えています。

今後も教育、研究、社会貢献の場を通し、全ての子ども、大人が健やかで楽しく生きることが出来る環境作りに貢献して参りたいと考えています。

「私がなぜ現在の科目を選んだか」(信州医学雑誌に掲載)
講座の歩みと沿革

トップに戻る