宮澤雄希さんが日本農芸化学会中部支部学術奨励賞を受賞

トピックス

受賞賞状
受賞賞状

平成30年9月15日(土)に名古屋大学で開催された日本農芸化学会中部支部第183回例会において、信州大学大学院総合理工学研究科農学専攻食品生命科学分野 真壁秀文研究室(機能分子化学研究室)の宮澤雄希さん(信州大学大学院総合理工学研究科農学専攻食品生命科学分野1年生)が、中部支部学術奨励賞を受賞しました。

この研究は、パラジウム触媒を用いたCO挿入と環化反応を鍵反応として、スチリルラクトン類の効率的な合成手法を確立したことが高く評価されました。

受賞対象となった研究発表は以下の通りです。

「Pd触媒によるCO挿入反応を用いたstyryl lactone類の合成研究」
○宮澤雄希1,服部恭尚2, 真壁秀文1
1信州大学大学院総合理工学研究科農学専攻,2京都薬科大学共同利用機器センター)

« 前の記事へ

お知らせ一覧にもどる

次の記事へ »

a