総合工学系研究科 生物・食料科学専攻の西村佳さんが優秀発表賞を受賞しました

トピックス

受賞された西村佳さん(左)(右は小野珠乙日本家禽学会長(本学学術研究院農学系教授))
受賞された西村佳さん(左)(右は小野珠乙日本家禽学会長(本学学術研究院農学系教授))

平成28年3月30日に日本獣医生命科学大学で開催された日本家禽学会2016年度春季大会において、総合工学系研究科 生物・食料科学専攻の西村佳さん(受賞時博士課程2年)が優秀発表賞を受賞しました。

L細胞が分泌するグルカゴン様ペプチド1は、インスリン分泌刺激や消化管の運動調節に関わる消化管ホルモンです。本研究結果は、L細胞におけるグルカゴン様ペプチド1の生合成と分泌制御機構の解明に繋がるものです。

受賞演題は以下の通りです。
「ニワトリ回腸における陰窩―絨毛軸に沿ったL細胞の動態」
○西村佳1,平松浩二1,2,渡邉敬文1,2
(1総合工学系研究科,2農学部)

« 前の記事へ

お知らせ一覧にもどる

次の記事へ »

a