片山茂准教授が日本食品化学学術学会にて若手優秀発表賞(口頭発表部門)を受賞

トピックス

写真:左から片山茂准教授,穐山浩学会長,中村宗一郎教授
写真:左から片山茂准教授,穐山浩学会長,中村宗一郎教授

平成27年5月20-22日に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催された,日本食品化学学会第21回学術大会において,食品化学研究室の片山茂准教授が若手優秀発表賞(口頭発表部門)を受賞しました。この研究では,機能性成分の一種である大豆ペプチドが脳機能改善作用を有することを見出しました。アンチエイジング機能性食品の開発において新しい知見を提供したことが高く評価されました。

受賞対象となった研究発表は以下の通りです。

「大豆ペプチドの神経保護効果とその作用機序解析」

○片山茂1,今井理恵1,前渕元宏2,古屋茂樹3,中村宗一郎1
(1信州大学農学部,2不二製油株式会社,3九州大学農学研究院)

« 前の記事へ

お知らせ一覧にもどる

次の記事へ »

a