農学部近未来農林総合科学国際シンポジウム開催のお知らせ

トピックス一般の方へ企業・団体の方へ卒業生の方へ在学生の方へ

未来を切り開く農林総合科学をテーマに内外の第一線で活躍している6名の研究者をお招きして、国際シンポジウムを開催します。


どなたでも参加できます。事前登録をお願いします。

 

日 時:平成25年2月27日(水) 13:00~17:30


場 所:信州大学農学部11番講義室


主 催:信州大学農学部近未来農林総合科学教育研究センター


シンポジウム参加は無料です(情報交換会参加の場合は、参加費3、000円、当日払)


問合せ、事前登録先: 農学部総務グループ

TT事務担当 薄木 絵里香


電話: 0265-77-1329(内線 2276)


E-mail: erika_usuki@SU-OASIS.jm.shinshu-u.ac.jp

 


プログラム概要

 


 総合進行 鏡味 裕 教授

 


13:00 開会挨拶 中村 宗一郎 信州大学副学長、農学部長

 


Setion1


13:05 Introduction 斉藤 仁志 助教、近未来農林総合科学教育研究センター 生態系リスクマネージメント部門

 


13:15  “Sustainable management of forest and development of economic plant under forest and protection study”

- Ecological survey and utilization of Vaccinium species -

 

He-xin Wang, Professor
Institute of Modern Agricultural Research, Dalian University, China

 


13:50  “National forest planning system and unequal forestry profitability”

 
Keisuke Toyama, Assistant Professor
Chiba Forest, The University of Tokyo, Japan

 


14:25    Short Break

 


Section 2


14:35 Introduction 上野 豊 助教、近未来農林総合科学教育研究センター バイオリソース部門

 


14:45  “Total mixed ration containing food by-products: Fermentation characteristics in silage and in rumen”

 

Chao Wang, Assistant Professor
Graduate School of Bioresources, Mie University, Japan

 


15:20  “Towards an integrated understanding of the microbial ecosystem in anaerobic wastewater treatment processes”

 

Takashi Narihiro, Research Scientist 
Department of Civil and Environmental Engineering, University of Illinois, USA, and Bioproduction Research Institute, National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST), Japan

 


15:55    Short Break

 


Section 3


16:05 Introduction 鈴木 俊介 助教 近未来農林総合科学教育研究センター エピゲノミクス部門

 


16:15  “Marsupial as models for biomedical studies”

 

Marilyn B. Renfree, Professor
Department of Zoology, The University of Melbourne, Australia

 


16:50  “Roles of LTR retrotransposon-derived genes in mammalian evolution and diversification”

 

Fumitoshi Ishino, Professor
Department of Epigenetics, Medical Research Institute, Tokyo Medical and Dental University, Japan

 


17:25-17:30   閉会挨拶    鏡味 裕 教授 

 

 
情報交換会(17:45~19:00)  福利厚生棟1階

 

 

2013 International Symposium Program.pdf (PDF:270KB)

« 前の記事へ

お知らせ一覧にもどる

次の記事へ »

a