生命機能科学コース

生命現象を化学と生物学の視点から科学する

生命機能科学コースでは、「生命現象に学ぶ生物機能」を教育の基本理念とし、安心・安全な生物資源を発掘、開発しようとしています。本コースの学生は、生化学、分子生物学、有機化学、分析化学、食品化学、生命科学についての基礎を学ぶとともに、微生物から高等動植物にいたるあらゆる生物種の多様な生命現象について学修し、さらにはそれらを基盤とした新しいバイオテクノロジーについての幅広い知識と技術を修得します。私たちは、このような教育を通じて、今後ますます発展することが期待される機能性食品や医薬品開発などの領域で新たな展開を担うべき創造性豊かな人材の育成を目指しています。

教育研究の様子

  • 教育研究の様子
    植物細胞の一部を切り出している
  • 教育研究の様子
    左:野生のマツタケ
    右:実験室的に作出されたマツタケの菌根外観(上)と横断面(下)
  • 教育研究の様子
    アミノ酸を生産する発酵菌のゲノム情報を読み解き、画期的な生産菌を創造する

履修チャート

履修チャート

授業を担当する教員一覧