私たちの生活環境に欠かせない電気。
身近な家電から発生する磁気の力を活用することで、
新しい未来が見えるかもしれない。

プロジェクト概要

可能性に立ち向かうことの意義

信州大学スピンデバイステクノロジーセンター(SDTC)は磁気応用の研究を行う20名近くの教員が集まったバーチャルな研究所です。信州大学環境磁界発電プロジェクトは、磁束収束技術、渦電流抑制技術、複合媒質を用いた波長短縮効果、CMOSプロセスを用いたAC/DC変換素子というキーテクノロジーを持ち寄った初めてのスピンオフプロジェクトです。国際非電離放射線防護委員会が定めるICNIRP2010のガイドライン値以下の磁界を、私たちの生活環境下での存在を許容された「環境磁界」と定義します。人工的に生成された環境磁界、つまり再生可能エネルギーを回収する「発電する部品」の開発と「キラーアプリケーションの提案」を行います。50/60Hz等の低周波から2.45GHz等の高周波までの電磁界周波数を幅広くターゲットとした環境発電・非接触給電への取り組みは世界的にも珍しいです。
地方大学の強みを生かし、教育・研究・産学連携との相乗効果を生み出しながら、次の「スピンオフ研究プロジェクト」の輩出も狙います。

2冊のプロジェクト報告書と開発品の例(磁界警報機など)

楽しくなければイノベーションは起こせない

全ては2012年6月、居酒屋での5名の教員によるプロジェクト会議からスタートしました。現在は教員、コーディネータ、技術職員、事務員の11名で構成されたメンバーで活動しています。2015年1月の段階で、英語による招待講演を3回、主催の講演会を1回、協賛の研究会・講演会を5回、展示会出展3回を行っています。
本プロジェクトは平成25年度信州大学地の森未来プロジェクト(PLANTheFirst推進経費)採択事業としても採択されました。信州大学環境磁界発電プロジェクトの存在は、2014年12月に科学技術出版より出版された「電界磁界結合型ワイヤレス給電技術(科学技術出版)」の中にも紹介しました。プロジェクト会議は通常の会議室や宴会とは一線を画した、密度の濃い議論を交えながら年に6回程度続けています。2014年5月の段階で12回目の会議報告をまとめた2冊の会議報告書をメンバー向けに作成しました。
近年様々なプロジェクトの立ち上げを目にしますが、3年以上もスタート当初の勢いそのままに続けることは難しいです。開発者が楽しくなければ、出来上がったモノも笑顔で世の中に受け入れられないと考えます。今もコードネーム「ふくろう」(不苦労!みんなで何か楽しいイノベーションを!メンバーには集合場所の意味も含む)の名のもと、次の3年を目指し活動を行います。

メンバー

メンバー紹介

田代 晋久

田代 晋久Head (EH01~)

信州大学学術研究院(工学系)准教授。九州大学大学院総理工助手、信州大学工学部助教を経て2012年より准教授。研究分野は磁気応用工学で、主に磁気を利用したエネルギ,センサ,アクチュエータ,シールドに関する研究。【環境磁界発電原理と設計法(1, 2.1, 3.1, 4.1, 5.1-2)執筆・監修】

研究者紹介を見る

佐藤 敏郎

佐藤 敏郎Member (EH01~)

信州大学学術研究院(工学系)教授。高周波磁気工学が専門です。パワーマグネティックス、マイクロ波マグネティックス、センサマグネティックスをベースに、材料・デバイス・システム応用を指向して研究開発を進めています。【環境磁界発電原理と設計法(2.2, 3.3)執筆】

研究者紹介を見る

水野 勉

水野 勉Member (EH01~)

信州大学学術研究院(工学系)教授。エナジーハーベスト発電デバイスとその応用、DC-DCコンバータの小形・高効率化、非接触給電システムの高効率化、電磁センサ、リニアモータ、リニアアクチュエータなどの研究・開発を行っています。新しい発想と最適設計および電磁界解析をとおして、高性能・小形・安価な製品を世に送り出したいと考えています。【環境磁界発電原理と設計法(3.2)執筆。】

研究者紹介を見る

脇若 弘之

脇若 弘之Member (EH01~)

信州大学名誉教授。磁気応用工学(マグネティックス)の立場から,超磁歪材料・薄膜を使ったデバイス(振動子,センサなど)の開発。キーワード:磁歪 , 薄膜 , トルクセンサ , 力センサ応用磁気の立場から磁気アクチュエータ、リニアモータの高性能化に関する研究。【環境磁界発電原理と設計法(2.1, 3.1, 4.1, 5.3)執筆】

研究者紹介を見る

宮地 幸祐

宮地 幸祐Member (EH06~)

信州大学学術研究院(工学系)准教授。専門はCMOSデバイス、CMOSアナログ集積回路設計。新機能デバイスと集積回路を融合させた小型、高性能、低コスト、高効率なパワーエレクトロニクス やセンシングデバイス技術の確立を目指し、CMOSアナログ集積回路設計および3次元実装に関する研究に従事。具体的には新規磁気デバイスを用いたエネル ギーハーベスティング、DC-DCコンバータ、非接触給電、センサーアナログフロントエンドの集積回路設計を行っている。【環境磁界発電原理と設計法(4.2)執筆】

研究者紹介を見る

笠井 利幸

笠井 利幸Member (EH08~)

信州大学長野(工学)キャンパス技術部統括技術長。おもに学内機器の技術支援,応用分析,保守・管理の業務を担当している。具体的には各研究室への研究活動支援(技術相談,依頼分析,学生の指導など),各学科の実験・実習等への授業支援,学部共通業務,地域貢献や広報活動をおこなっている。【環境磁界発電原理と設計法(5.7)執筆】

研究者紹介を見る

中澤 達夫

中澤 達夫Member (EH08~)

長野工業高等専門学校特命教授(地域・社会連携担当)大学、高専で半導体を中心に薄膜電子材料の研究に従事。2009年からは、産学官連携の業務に携わり、信州大学産学官連携推進本部を経て、現在は長野高専地域共同テクノセンターで研究者の知識と産業界との技術連携を支援。応用物理学会、IEEE学会、炭素材料学会、各会員。【環境磁界発電原理と設計法(5.5)執筆】
生稲 弘明

生稲 弘明Member (EH08~)

2015年9月まで信州大学特任教授,地域共同研究センターグリーンイノベーション担当コーディネーター。産学連携コーディネータ室に所属しコーディネター活動をしております。特にエネルギー関連の活動を中心としており、大学の研究を具現化、商品化し地域経済ならびに社会貢献に寄与したいと考えております。【環境磁界発電原理と設計法(5.6)執筆】

小林一樹

小林一樹Member (EH25~)

信州大学 学術研究院(工学系)准教授.2006年総合研究大学院大学修了.博士(情報学).同年関西学院大学博士研究員.2008年信州大学助教.2013年より同大学准教授.認知的インタラクションデザイン,ヒューマンエージェントインタラクション,雰囲気工学,スマート農業に関する研究に従事.ACM,人工知能学会,電子情報通信学会,農業情報学会,日本ロボット学会,日本知能情報ファジィ学会各会員.EH25(2017年6月28日)より環境磁界発電プロジェクトメンバー.

研究者紹介を見る

手塚 吉彦

手塚 吉彦 Member(EH26~)

信州大学工学部コーディネータ。EH26(2017年9月27日)より環境磁界発電プロジェクトメンバー。

研究者紹介を見る

笹森 文仁

笹森 文仁Member (EH27~)

早稲田大学大学院を修了後、2000年より信州大学工学部助手、2006年より現職。 研究分野は通信工学、特に無線通信、無線信号処理、通信品質の理論解析に関心がある。EH27(2017年11月30日)より環境磁界発電プロジェクトメンバー。

研究者紹介を見る

曽根原 誠

曽根原 誠Emeritus Member

信州大学学術研究院(工学系)准教授。2007年3月信州大学大学院工学系研究科システム開発工学専攻博士後期課程修了。博士(工学)。2008年4月信州大学工学部電気電子工学科助教、2013年4月准教授。現在、マイクロ波帯磁性薄膜デバイス、磁界・電流センサなどの研究に従事。【環境磁界発電原理と設計法(2.2, 3.3)執筆】EH01(平成24年6月26日)~EH24(平成29年3月21日)プロジェクトメンバー。以降,名誉会員として本プロジェクトをサポート。

研究者紹介を見る

卜 穎剛

卜 穎剛Emeritus Member

信州大学学術研究院(工学系)助教。国内電機メーカーで研究開発を経て、2012年より現職。電磁振動アクチュエータ、エナジーハーベスト電磁発電機、磁界ワイヤレス給電などの研究を中心に行っています。商品化を目指す産学官共同研究にも積極的に取り込んでいます。【環境磁界発電原理と設計法(2.3, 5.4)執筆】EH02(平成24年12月18日)~EH24(平成29年3月21日)プロジェクトメンバー。以降は名誉会員として本プロジェクトをサポート。

研究者紹介を見る

お問い合わせ

TEL/FAXでのお問い合わせ
026-269-5216 【受付時間】 9:00~17:00
※土・日・祝祭日はお休みをいただきます
Eメールでのお問い合わせ
tashiro@shinshu-u.ac.jp