信州大学

ResearchResearch

基盤分析・高度解析部門

基盤的分析手法(高解像度の電子顕微鏡分析や化学分析など)から高度データ解析(スペクトル分析など)を行っています。信州大学の設備を多くの方々にご活用いただきます。これらの分析が新たな発見を生み、産業化を進展させると考えるからです。まだ見ぬナノ材料が一つでも生み出され、無数の材料片の分析がイノベーション創出への意欲となることを期待します。



目標
・分析技術を活用した研究所内外との共同研究を行う。
基盤的な分析手法について,学内へ周知する努力を続けるとともに,本学設置の機材についてその分析能力を向上する。研究所内外の研究セミナーなどを通じて共同研究の推進を図る。

・学外に対して分子・物質合成プラットフォームによる支援を行う。
  学外支援(年25課題,延べ600日)を実施する。顕著な成果を1つ輩出する。

メンバー