信州大学

ResearchResearch

データ駆動型AIラボ

 実験科学、理論科学、計算科学に続く第4の科学として、データ科学が近年急速に発展してきています。データ科学によって先導されるデータ駆動型の研究は、これまでの研究のあり方を刷新するものであり、早期に実現することが国際的な競争力のカギとして認識されています。自然言語処理、ハイスループット実験、画像解析、計算科学、情報科学など、多様な観点からデータ駆動型社会に向けた取り組みが必要となります。対象も、材料、プロセス、システム、分野も環境、エネルギー、水、森林、街づくりなど、基礎研究から社会実装まで幅広いスコープで研究を展開していきます。
サイバー技術の活用も積極的に取り入れ、信州大学の隔地キャンパスの専門知を活用して新たな価値を創造します。


目標
データ駆動化のカギとなる、実験科学、理論科学、計算科学の各種手法を実践活用する。
教員・学生・社会人などを対象とし、データ駆動化に挑戦する人材を育成する。

メンバー