信州大学

文字サイズ

Profile of Divisions研究部門

山岳生態系研究部門

寒冷・高山環境に生息する野生生物の生態解明、地球規模での温暖化に対する山岳域での生物群集の動態把握と将来予測、環境変動に対する水生生態系の応答解明と将来予測に取り組み、広く情報を発信します。

研究者紹介

山岳生態系研究部門長
学術研究院 准教授(農学系)/博士(農学)
山田 明義
Yamada Akiyoshi
経歴
1997 筑波大学大学院農学研究科修了
1997 茨城県林業技術センター 流動研究員
1999 信州大学農学部助手
2002 同助教授
2007 同准教授
研究分野
真菌学,菌根学,菌類生態学
研究テーマ
外生菌根共生の生理生態学,ならびに外生菌根菌の分類学
メッセージ
真菌類と植物根との共生体である菌根の生理生態、ならびに関係する相互作用系について研究しています。また、いわゆる「きのこ」の分類と生態について、特に外生菌根菌を中心に研究しています。きのこは真核多細胞生物ですが、普段は目に見えにくい菌糸の形態で生息するため、微生物学的な観点から研究を進めることになります。広大な山岳域を対象に、ミクロの視点で新たな現象を発見し、その機構を解明することを目指しています。
山岳科学研究拠点副拠点長
学術研究院 教授(農学系)/博士(農学)
泉山 茂之
Shigeyuki Izumiyama
経歴
1981年 麻布獣医科大学卒業
    京都大学霊長類研究所研究員
1988年 株式会社野生動物保護管理事務所
2004年 岐阜大学大学院連合農学研究科修了
2006年 信州大学農学部附属アルプス圏フィールド科学教育研究センター技術交流・普及部准教授
2010年 同教授
研究分野
動物生態学、野生動物管理学
研究テーマ
中部山岳地域に生息する野生動物の生態学的研究と保護管理の実践
キルギス共和国に生息する野生動物の生態研究と保護管理システムの構築
メッセージ
生息環境が厳しい寒冷環境や山岳環境に生息する野生生物の長期にわたる生態研究を継続し、グローバルな気候変動や自然環境の変化による、陸上の野生生物の個体群動態の把握と将来の予測を継続して実施し、国内外に向けさまざまな情報を発信します。