信州大学

文字サイズ

  • 拠点長メッセージ

Director's Message拠点長メッセージ

日本・アジアおよび地球規模での山岳科学の研究

 信州は山々に囲まれた自然豊かな所です。山岳科学研究拠点は、信州にふさわしい日本でただ一つの「山岳科学」を掲げる信州大学の研究拠点で、オンリーワンのオリジナリティー溢れる研究を実施しています。
 近年、私たちは地球規模の多くの課題を抱えています。環境変動による災害の増加に対応した「防災・減災のための研究」、野生鳥獣害や高齢化・過疎化に悩む中山間地のための「地域貢献の推進」などです。日本アルプスや諏訪湖などをフィールドワークの拠点として、地道にかつ長期間にわたる調査や観測により得られた基礎資料をもとに、山岳生態系の環境変動の解析と予測を実施します。また、海外の研究機関との共同研究を積極的に進め、グローバルかつオリジナリティー豊かな研究を推進します。

山岳科学研究拠点 拠点長
藤田 智之

藤田智之研究拠点長
山岳科学研究拠点長
学術研究院 教授(農学系)/博士(農学)
藤田 智之
Tomoyuki Fujita
経  歴
  • 1984年 日本テルペン化学株式会社 研究員
  • 1991年 大阪府立大学農学部 助手
  • 1995年 大阪府立大学より博士(農学)学位取得
  • 1996年 大阪府立大学農学部講師
  • 1997年 同 助教授
  • 2000年 大阪府立大学大学院農学生命科学研究科 助教授
  • 2005年 大阪府立大学大学院生命環境科学研究科 助教授
  • 2006年 信州大学大学院農学研究科 教授
  • 2016年 信州大学農学部 学部長
  • 2019年 信州大学先鋭領域融合研究群山岳科学研究拠点長(兼務)
研究分野
食品化学,天然物有機化学
研究テーマ
  • 機能性食品素材の探索と応用開発
    中高圧処理による食素材成分富化技術に関する研究