信州大学

文字サイズ

Profile of Divisions研究部門

大学院教育・研究連携部門

環境変動・人間活動に伴う地圏・水圏、生態系、自然資源に関する課題の解決に貢献できる人材を、山岳科学教育プログラムを通して育成します。

研究者紹介

山岳科学研究拠点副拠点長
学術研究院 教授(農学系)/博士(農学)
泉山 茂之
Shigeyuki Izumiyama
経歴
1981年 麻布獣医科大学卒業
    京都大学霊長類研究所研究員
1988年 株式会社野生動物保護管理事務所
2004年 岐阜大学大学院連合農学研究科修了
2006年 信州大学農学部附属アルプス圏フィールド科学教育研究センター技術交流・普及部准教授
2010年 同教授
研究分野
動物生態学、野生動物管理学
研究テーマ
中部山岳地域に生息する野生動物の生態学的研究と保護管理の実践
キルギス共和国に生息する野生動物の生態研究と保護管理システムの構築
メッセージ
生息環境が厳しい寒冷環境や山岳環境に生息する野生生物の長期にわたる生態研究を継続し、グローバルな気候変動や自然環境の変化による、陸上の野生生物の個体群動態の把握と将来の予測を継続して実施し、国内外に向けさまざまな情報を発信します。
学術研究院 准教授(農学系)
博士(農学)
安江 恒
Koh Yasue
研究分野
樹木年輪学、木材組織学
研究テーマ
主に樹木年輪情報を用いて、樹木成長への気候変化の影響評価と過去から現在に至る環境変動の解明に取り組んでいます。
1)樹木の肥大成長に影響を及ぼす要因の解明
2)気候変動に伴う樹木成長・材質の変動予測
3)樹木年輪情報を用いた過去の環境変動の復元