信州大学HOME

facebookenglish

Menu

研究トピックス

研究トピックス

消防活動の安全を確保し、一人でも多くの市民を火災から救う

wakatsuki_topix2.jpg


若月研究室では、火災という一つの極限の熱流体に対して、(1) 火災という極限熱環境の現象・原理の理解、(2) 耐熱服・消防服の内部で生じている熱伝導プロセスの解明・熱傷防止のための衣服構造の開発、(3) 火災に耐える、防ぐ、燃えにくくする素材・複合材料の物性・評価法・設計手法の開発、(4) 消防士が使用する高度な熱防護機能を有する個人保護具の設計・試作・実証 (技術要素の提案) を研究しています。火災から材料及び人を防護することが目標ですが、性能の限界及び安全性をどのように使用者に認識させるか、という全く相反する点も意識した研究を実施します。研究で得られた知見は、保護具開発にとどまらず、労働者 (ユーザー) の安全啓発 (Education) のために発信していきます。


写真は、防火服の耐熱試験の様子 (消防庁消防研究センターと共同研究)