研究紹介

骨、軟骨、脊椎、筋腱、神経疾患の
病態解明と新規治療法の開発

~小さくともキラリと光る
オリジナリティあふれる研究と治療法の開発~

大学院での研究テーマ、臨床研究のテーマなど

2010年以降、年間30編以上の英文論文が生まれています。
(グラフは査読有の英文論文数)

基礎研究

  • 信州大学バイオメディカルセンター:カーボンナノチューブの生体材料応用を中心に10人以上で多角的に行っています。
  • 信州大学医学部内基礎医学教室と共同研究(骨軟骨、筋腱、神経)
  • 信州大学医学部基礎学部と共同研究(脊椎生体力学)
  • 運動機能学教室内の各グループにおける独自研究

臨床研究

  • おぶせスタディ(地域住民コホート研究)高齢者の運動器検診
  • 整形外科に関する前向き、後ろ向き、症例集積研究

研究から広がる未来

  • 運動器の疾患・障害で悩んでいる方に、新規治療法を提供します。
  • 超高齢化社会の日本、世界を前進させます。
  • 運動器障害を有する小児に明るい未来を示します。
  • スポーツ、運動を通じて国民に高いQOLを提供します。

大学院卒業後の未来

  • 医学研究の継続、国内外留学、教員就任を援助します。
  • 医師の方は、診療を行いながら研究を継続することが可能です。
  • 医師以外の方は、医療関係の就職先の相談に乗ります。