疾患班案内

疾患班案内

信州大学医学部 運動機能学教室には上肢班下肢班脊椎班腫瘍班関節リウマチ・骨粗鬆症チーム外傷チーム小児整形外科の疾患班がございます。

上肢班

上肢班

【常勤】

林 正徳
附属病院整形外科 講師
岩川 紘子
医員・大学院生
宮岡 俊輔
医員
北村 陽
医員・大学院生
磯部 文洋
医員・大学院生

【非常勤】

加藤 博之
特任教授、非常勤講師
内山 茂晴
特任教授、非常勤講師
山崎 宏
診療援助

上肢班は、頚部、肩甲体部から手指に至るまでの部位の疾患、外傷を請け負っております。上肢の障害はヒトの日常生活のみならず仕事、スポーツに与える影響はきわめて大きく、当事者にとってきわめて不利な状況に陥ります。機能的でかつ美容的な上肢を取り戻すのが私たちの使命です。

下肢班

下肢班

【常勤】

天正 恵治
附属病院整形外科 講師
下平 浩揮
運動機能学教室 助教
小山 傑
医員・大学院生
岩浅 智哉
医員・大学院生
堀内 博志
附属病院リハビリテーション科 教授
齋藤 直人
バイオメディカル研究所 所長

下肢班は、股関節、膝関節、足関節、足部等下肢の病気や怪我に対して治療を行っています。扱う疾患は様々で、高齢の方の変性疾患からスポーツマンの外傷などの疾患を幅広く担当しています。

脊椎班

脊椎班

【常勤】

髙橋 淳
運動機能学教室 教授
倉石 修吾
附属病院整形外科 助教
池上 章太
附属病院リハビリテーション部 講師
上原 将志
附属病院整形外科 助教(診療)
大場 悠己
附属病院整形外科 助教(診療)
滝沢 崇
附属病院リハビリテーション部 助教(診療)
宗像 諒
医員・大学院生
畠中 輝枝
医員・大学院生
鎌仲 貴之
医員・大学院生
宮岡 嘉就
医員

脊椎班は頭蓋・頚椎移行部、頚椎、胸椎、腰椎、骨盤に至る脊椎疾患、脊椎脊髄腫瘍、脊椎外傷、側弯症、後弯症を含む脊柱変形を治療しています。基本的にあらゆる病態にチーム全体で取り組む体制をとっており、その上でさらに脊椎疾患各領域について高度な専門性を持つ担当医師を配置することにより、手術成績向上に努めています。
【日本脊椎脊髄病学会 平成28年度クルニカル・フェローシップ研修施設】に認定されました。

腫瘍班

腫瘍班

【常勤スタッフ】

岡本 正則
附属病院整形外科 助教
鬼頭 宗久
附属病院整形外科 助教(診療)
田中 厚誌
附属病院リハビリテーション部 助教(診療)
小松 幸子
附属病院整形外科 医員
青木 薫
医学部保健学科理学療法学専攻 准教授

【非常勤スタッフ】

吉村 康夫
(信州上田医療センター、信州大学医学部特任教授)
鈴木周一郎
(まつもと医療センター)
髙沢 彰
(信州上田医療センター、信州大学大学院生)

整形外科で取り扱う腫瘍は四肢、体幹の骨や筋肉、皮下組織、末梢神経、血管などに生じる腫瘍です。病状については時間をかけてわかりやすく説明するよう心がけており、その上で患者さんとよく相談して治療方針を決めることとし、安心して診療を受けていただけるよう努力しております。

関節リウマチ・骨粗鬆症チーム

関節リウマチ・骨粗鬆症チーム

【スタッフ】

中村 幸男
准教授
加藤 博之
名誉教授
中野 真樹
研究員
宮﨑 明子
特任教員
鈴木 孝子
特任教員
髙梨 祐司
技能補佐員
北野 文江
技能補佐員

関節リウマチ・骨粗鬆症チームは関節リウマチ・骨粗鬆症の専門医として最新の知見に基づいて丁寧に診療し、骨代謝全般について基礎研究・臨床研究を積極的にすすめています。

外傷チーム

外傷チーム

【常勤】

宮岡 俊輔
医員
鈴木周一郎
医員
北村 陽
医員
岩浅 智哉
医員
磯部 文洋
医員
小松 幸子
医員

外傷チームは2018年7月に立ち上げたばかりのまだまだ新しいチームです。現在は外傷マインドを持った、腫瘍、上肢、下肢各班の有志によって構成されています。我々のチームは多発外傷における四肢外傷および重度四肢外傷診療の集約化と信州の四肢外傷診療レベルの向上の目的としています。

外傷チームのご紹介

小児整形外科

【スタッフ】

加藤博之 特任教授、岩川紘子 医員

外来は毎週月曜午前です。当院で主に治療を行っている疾患は先天性の上肢の障害(母指多指症、合指症、母指形成不全、絞扼輪症候群、橈尺骨癒合症など)です。また、毎週水曜午前には当院で出産された新生児の健診も行っています。重症例や乳幼児で入院治療が必要な場合など、長野県立こども病院と連携をとりながら治療を行っています。

小児整形外科のご紹介