総合理工学系研究科トップ>農学専攻>食品生命科学分野

食品生命科学分野

概要

健康長寿社会及び持続可能な社会の実現に向けて、バイオテクノロジーについての幅広い知識と技術をもとに、生命現象の分子レベルでの解明や有用な生物機能の探索、さらには、疾病予防に有効な食資源の機能解析や機能性食品の開発・創製に取り組む人材を養成することが目的です。
本分野では、食品生物機能科学ユニット、食料機能解析学ユニット、食品分子機能学ユニット、機能性食品創製学ユニットの4ユニットを設けています。人類の健康増進や食料資源の持続的利用に資する高度な教育研究を実施し、食品科学及び生命科学分野における高度な専門知識と創造力豊かな応用力の修得を目指しています。

食品生命科学分野

アルツハイマーの原因物質と考えられているアミロイドβの線状化モデル

食品生命科学分野

  電子顕微鏡写真


主な研究テーマ


  • ゲノム科学を応用した発酵生理学と微生物工学

  • 担子菌キノコの分子育種,微生物殺虫剤の開発

  • 植物と微生物の共生,有用形質転換植物体の解析

  • 機能性食品素材の開発

  • 生理活性物質と機能性分子の合成

  • 青果物の品質・含有成分の制御と有効利用

  • 食品高機能化物質の探索と合成および機能性評価

  • 食品由来の種々の機能性成分の更なる高度利用のための分子設計

  • ヒトおよび動物の株化細胞培養系を利用した食品の機能性探索

  • 食による免疫調節機能の解析とメカニズムの解明

  • 食品由来の種々の機能性成分の作用機構の解明

  • 教員

    池田 正人教授

    研究分野

    応用微生物学
    機能性脂質やビタミンなど、有用物質を効率的に作るための微生物バイオテクノロジー

    片山 茂准教授

    研究分野

    食品化学
    食品由来の種々の機能性成分の生体調節機能に関する研究,及び食品機能性因子 の更なる高度利用のための分子設計に関する研究

    河原 岳志准教授

    研究分野

    動物生産科学
    新たな着眼点に基づく機能性食品の開発を目指し、ヒトや動物の株化細胞の特性を利用した新規機能性食品素材の探索や関与成分の機能性解析を行っています。

    千 菊夫教授

    研究分野

    生化学,分子生物学,遺伝子工学
    微生物殺虫剤Bacillus thuingiensisの遺伝子工学的研究;担子菌キノコの子実体形成機構の解明

    竹野 誠記准教授

    研究分野

    応用微生物学
    機能性脂質やビタミンなど、有用物質を効率的に作るための微生物バイオテクノロジー

    田中 沙智助教

    研究分野

    免疫学、食品免疫学
    食品由来成分における免疫バランス制御因子の探索とその応用に関する研究

    田渕 晃准教授

    研究分野

    植物工学・微生物学
    マメ科植物との共生系を確立する過程で行われる根粒菌のシグナル伝達系に関する研究およびファイトレメディエーションを目的としたシソ科植物の形質転換に関する研究

    中村 浩蔵准教授

    研究分野

    食品分子工学,食品機能化学
    食品機能性成分に基づく機能性食品開発、作用メカニズム解明および実用化研究

    中村 宗一郎教授

    研究分野

    食品化学
    アレルギー改善効果,抗肥満・抗糖尿病・抗高血圧・抗老化作用を含む生活習慣病予防効果,更には認知症予防抑制効果などが期待される機能性食素材の開発に関する研究

    濱渦 康範准教授

    研究分野

    食品科学,園芸科学,青果物利用学
    青果物の品質・機能性成分の調査,栽培方法・貯蔵方法による品質・成分の変動調査とその制御,有用性・利用性の追究など

    藤田 智之教授

    研究分野

    食品化学,天然物有機化学
    人の健康維持に役立つ機能性食品素材の開発を目指して,植物やキノコ等の天然素材から疾病の発症予防や軽減化に寄与する新しい機能性因子の探索研究を行っています。

    真壁 秀文教授

    研究分野

    生物有機化学
    顕著な生理活性を有する天然有機化合物の合成と天然物を高度に機能化した分子プローブを創製し,生命現象の解明を行うケミカルバイオロジー研究を行っている。

    三谷 塁一助教

    研究分野

    食品化学
    生活習慣病に対する食品成分の分子機構の解明