探求するココロに応える。

信州大学大学院総合理工学研究科の設置について

新しい理工系人材を育成するため、理工学系研究科と農学研究科の2研究科18専攻を、理学、工学、繊維学、農学及び生命医工学の5専攻により構成される「総合理工学研究科」へ統合再編します。
学士課程・修士課程6年一貫教育を基本として、理学・工学・繊維学・農学・医学の学士課程で身につけた基礎的な科学技術の素養に基づき、それぞれの領域で高度専門職業人、研究者等として活躍するために必要な専門知識や研究手法等を身に付けることを目標としています。

より深く、より高く。探求のその先を目指して

理学、工学、繊維学、農学の4専攻が集結し、
総合理工学研究科に生まれ変わりました。
理工農学系と医学保健学系のハイブリッドとして新設された
生命医工学専攻。
高度な専門知識・専門技術の習得をスムーズにする
学士から修士課程までの6年一貫体制。
ジャンルを越境する野心的な知性を涵養する、
幅広い学問分野を含む構成。
総合理工学研究科は、
地域に根ざし世界に開かれた大学院として、
環境調和社会を支える知的素養と倫理観を備えた
高度専門職業人を養成します。

総合理工学研究科 概要はこちら

お知らせ

一覧はこちら