• 受験生の方へ
  • 医師の方へ
  • 企業団体の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 地域の方へ
  • 在学生の方へ

検査技術科学分野

分野の概要

臨床検査の進歩は著しく、分子生物学や遺伝子解析学の進歩と相俟って、それらの理論や技術を応用して、より診断価値の高いものが求められています。

検査技術科学分野では臨床検査の高度専門家として必要な技術・知識の習得と急速に発展する先端医療技術などの将来の変化に対応できる柔軟な思考を具備することを教育の主眼とし、臨床検査学に関わる研究・教育分野の知識・技術を有機的に連携するため、1つの学問体系として統合しています。

本分野には病態血液検査学、生体分子情報検査学、感染生体防御検査学、組織細胞病態検査学及び神経呼吸免疫科学の5学域を設け、それぞれの学域では専門的な知識や技術を相互に関連させて、病態・病因の解析や検査技術の開発・改良について探究しています。医療機関ばかりでなく教育、研究、医療関連産業、生命科学情報分野等で活躍出来る人材の育成を目指しています。

スタッフ

病因・病態検査学領域
太田 浩良 教授

【専門領域】

診断病理学(消化管病理)、組織化学

【研究内容】

ヘリコバクター感染により惹起される消化管粘膜病変の病態解析および消化管粘膜への分化を示す腫瘍(胃腸型腫瘍)の組織発生と診断について、組織化学的方法論を中心に、分子生物的な方法論等も取り入れ研究を行っている。

【主な研究業績】

Ikeno T, Ota H,Sugiyama A, Ishida K, Katsuyama T, Genta RM, Kawasaki S: Helicobacter pylori-induced chronic active gastritis, intestinal metaplasia, and gastric ulcer in Mongolian gerbils._ _Am J Pathol 154:951-960, 1999.

Fujikawa A, Shirasaka D, Yamamoto S, Ota H, Yahiro K, Fukada M, Shintani T, Wada A, Aoyama N, Hirayama T, Fukamachi H, Noda M: Mice deficient in protein tyrosine phosphatase receptor type Z are resistant to gastric ulcer induction by VacA of Helicobacter pylori. Nat Genet 33:375-381, 2003.

Mochizuka A, Uehara T, Nakamura T, Kobayashi Y, Ota H: Hyperplastic polyps and sessile serrated 'adenomas' of the colon and rectum display gastric pyloric differentiation. Histochem Cell Biol 128:445-455, 2007.

【連絡先】

hohta(at)shinshu-u.ac.jp

病因・病態検査学領域
藤本 圭作 教授

【専門領域】

呼吸機能検査学、睡眠呼吸障害、呼吸器内科学、生理学

【研究内容】

気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患、睡眠呼吸障害の病態生理学的検討。これらの疾患のバイオマーカーの探索、診断のための新規機器の開発および疫学調査、さらに在宅医療を支援するための遠隔医療情報システムの構築の検討をおこなっている。

【主な研究業績】

1. Kitaguchi Y, Fujimoto K, Komatsu Y, Hanaoka M, Honda T, Kubo K.. Additive efficacy of short-acting bronchodilators on dynamic hyperinflation and exercise tolerance in stable COPD patients treated with long-acting bronchodilators. Respir Med. 107(3):394-400, 2013. (corresponding author)

2. Hayano J, Tsukahara T, Watanabe E, Sasaki F, Kawai K, Sakakibara H, Kodama I, Nomiyama T, Fujimoto K. Accuracy of ECG-based screening for sleep-disordered breathing: a survey of all male workers in a transport company. Sleep Breath. 17(1):243-51, 2013.

3. Kitaguchi Y, Fujimoto K, Ono M, Komatsu Y, Honda T, Kubo K. Usefulness of the measurement of fractional exhaled nitric oxide in asthmatic patients: correlation with pulmonary function, asthma control and health status. Shinshu Med J 59(4): 239-247, 2011. (corresponding author)

4. Agatsuma T, Fujimoto K, Komatsu Y, Urushihata K, Honda T, Tsukahara T, Nomiyama T. A novel device (SD-101) with high accuracy for screening sleep apnoea-hypopnoea syndrome. Respirology 14: 1143-1150, 2009. (corresponding author)

 

【連絡先】

Keisaku(at)shinshu-u.ac.jp

病因・病態検査学領域
奥村 伸生 教授

【専門領域】

臨床化学、遺伝子検査学、免疫検査学、臨床検査学

【研究内容】

臨床検査値に異常を来たすフィブリノゲン異常症・欠損症において、機能異常を解明するためにリコンビナントタンパクを作製し、また、欠損原因を解明するために分子生物学的な方法で研究を行っている。さらに、医学部附属病院臨床検査部と共同で各種血漿蛋白異常症・欠損症の蛋白検査・遺伝子検査による同定を行っている。

【主な研究業績】

Fujihara N, Haneishi A, Yamauchi K, Terasawa F, Ito T, Ishida F, Okumura N. A C-terminal amino acid substitution in the γ-chain caused by a novel heterozygous frameshift mutation (Fibrinogen Matsumoto VII) results in hypofibrinogenemia. Thrombosis and Haemostasis 104: 213-223, 2010.

Okumura N , Terasawa F, Takezawa Y, Hirota-Kawadobora M, Inaba T, Fujita N, Saito M, Sugano M, Honda T. Heterozygous Bβ C-terminal 12 amino acid-elongation variant, BβX462W (Kyoto VI), showed dysfibrinogenemia. Blood Coagulation and Fibrinolysis 23: 87-90, 2012.

Soya K, Terasawa F, Okumura N. Fibrinopeptide A release is necessary for effective B:b interactions in polymerization of variant fibrinogens with impaired A:a interactions. Thrombosis and Haemostasis 109: 221-228, 2013.

【連絡先】

nobuoku(at)shinshu-u.ac.jp

病因・病態検査学領域
石田 文宏 教授

【専門領域】

血液病学、血液検査学

【研究内容】

血液腫瘍性疾患、特に悪性リンパ腫を対象に、分子病態を理解し、診断・治療法の開発に繋げる研究を行う。

【主な研究業績】

Ishida F, Ko, Y H, Kim, W S, Suzumiya J, Isobe Y, Oshimi K, Nakamura S, Suzuki R. Aggressive NK-cell leukemia: Therapeutic potentials of L-asparaginase and allogeneic hematopoietic stem cell transplantation. Cancer Science 103: 1079-83, 2012

Ishida F, Kwong YL. The diagnosis and management of natural killer cell malignancies. Expert Review of Hematology 3: 593-602, 2010

【連絡先】

fumishi(at)shinshu-u.ac.jp

病因・病態検査学領域
長野 則之 教授

【専門領域】

薬剤耐性菌制御学、感染制御学、病原微生物学

【研究内容】

新生児や高齢者のB群レンサ球菌侵襲性感染症の第一選択薬であるペニシリンに耐性を獲得したペニシリン低感受性B群レンサ球菌の分子学的解析を行っている。また、世界的な蔓延が懸念されている薬剤耐性グラム陰性桿菌を中心に薬剤耐性メカニズムの解析や分子疫学的な解析および病原性解析などを行っている。

【主な研究業績】

Nagano N, Nagano Y, Toyama M, Kimura K, Shibayama K, and Arakawa Y. Penicillin-susceptible group B streptococcal clinical isolates with reduced cephalosporin susceptibility. J Clin Microbiol. 52:3406-3410, 2014.

Nagano N, Nagano Y, Toyama M, Kimura K, Tamura T, Shibayama K, and Arakawa Y. Nosocomial spread of multidrug-resistant group B streptococci with reduced penicillin susceptibility belonging to clonal complex 1. J Antimicrob Chemother. 67:849-856, 2012.

Nagano N, Nagano Y, Kimura K, Tamai K, Yanagisawa H, and Arakawa Y. Genetic heterogeneity in pbp genes among clinically isolated group B streptococci with reduced penicillin susceptibility. Antimicrob Agents Chemother. 52:4258-4267, 2008.

【連絡先】

naganon(at)shinshu-u.ac.jp

病因・病態検査学領域
矢﨑 正英 教授

【専門領域】

神経内科学、代謝学、蛋白化学

【研究内容】

アミロイドーシスの新規診断法開発。微小生検組織からのアミロイド蛋白の解析法の確立と、病態解析への応用。

【主な研究業績】

【連絡先】

mayazaki(at)shinshu-u.ac.jp

病因・病態検査学領域
松田 和之 教授

【専門領域】

遺伝子・染色体検査学

【研究内容】

1)遺伝子変異・SNP を標的とした定量PCR 法を用いて,病原体の鑑別や腫瘍細胞の量的変化のモニタリングなどの臨床応用を行っている。
2)遺伝子改変技術を用いて白血病や線維症などの難治性疾患について発症や病勢進行のメカニズムを明らかにし,病態を把握できる新規マーカーの探索を行っている。

【主な研究業績】

【連絡先】

kmatsuda(at)shinshu-u.ac.jp

病因・病態検査学領域
木村 文一 講師

【専門領域】

細胞周期関連タンパク、細胞増殖因子、画像解析技術(テクスチャ解析、機械学習)

【研究内容】

悪性腫瘍や前癌病変などの病理組織・細胞診標本に対して免疫組織・細胞化学的技術によりさまざまな特異なタンパク質の発現を可視化、その発現状態を画像解析技術、統計モデル、機械学習機などのAI技術による客観的評価や人の目では判断できない微細な形態学的変化を捉えようとする研究を行なっている。

【主な研究業績】

【連絡先】

kimura_f(at)shinshu-u.ac.jp

病因・病態検査学領域
樋口 由美子 講師

【専門領域】

免疫検査学

【研究内容】

(1)好中球Netosis を臨床検査で検出できるように新規検査法を開発している。
(2)血液疾患における病態発症のメカニズムを解明するために、iPS技術を用いて免疫学的観点から研究を行っている。

【主な研究業績】

【連絡先】

sasa0922(at)shinshu-u.ac.jp