トップ > 研究科・専攻 > 医学系研究科

医学系研究科

医学系研究科について

医学系研究科には、修士課程、博士課程ともに多様なコースが用意されており、医学・医療分野における真理を追究したいという強いモチベーションを持つ方にとってはそれを減ずることなく学び、研究を行う環境が整えられています。
医学研究は最終的には医療現場を介してヒトの病気の診断・治療に役立つことが求められます。研究成果を出すための研究ではなく、確固たる倫理指針に基づいた、医療人としてのキャリア育成に役立つ研究を目的としています。

専攻

修士課程 医科学専攻

本専攻は、医科学に関する幅広い知識を体系的、集中的に教育することにより、ヒューマンサイエンスに裏付けられた高度に専門化した知識と技術を結びつけた医科学分野の研究・教育者ならびに高度専門技術者を養成することを目的としています。

博士課程 医学系専攻

本専攻は「生体制御」「腫瘍」「再生・再建」「脳・感覚機能」「健康・社会医学」の5領域にわかれています。大学院生と基礎・臨床医学の2人の指導教員の組み合わせ(セル)を教育ユニットとし、双方の研究指導を必ず受けられる教育体制となっています。

博士課程  疾患予防医科学系専攻(独立専攻)

本専攻は従来の加齢適応医科学系、臓器移植細胞工学医科学系と医学系専攻が合体した独立専攻です。さまざまな病態の解析とその予防・治療面からの解決法を究明し、高齢化社会の医療問題点など将来の医療に対処できる人材を育成するための教育研究を行います。

区分制博士課程  保健学専攻(博士前期課程)

本課程は「看護学分野」「検査技術科学分野」「理学・作業療法学分野」の3分野を設けています。保健・医療・福祉に関する教育・研究の成果を社会に還元し、人類の幸福と福祉の向上に寄与する保健学の構築を目指しています。

区分制博士課程  保健学専攻(博士後期課程)

本課程では、学際的な保健学の領域における教育・研究を通して、積極的に疾病の予防を推進することにより、人類の健康と福祉に貢献することを基本理念としています。生涯保健学分野(母子保健学領域、成人保健学領域、老年保健学領域)と医療生命科学分野の2分野を設けています。

がんプロフェッショナル養成プラン

本プランコースは、大学院生を対象に、博士取得とがん専門医育成を目的としたプロジェクトです。 専門診療領域に加えて、多がん種の化学療法、放射線治療、緩和医療を中心に臨床腫瘍学の習得を目指します。基礎および臨床研究いずれのコースも受け付けます。