トップ > 研究科・専攻 > 総合工学系研究科(博士課程)

総合工学系研究科(博士課程)

総合工学系研究科(博士課程)について

工学系研究科(区分制)博士後期課程を、基礎研究と応用研究の整合性を備えた専攻・部門に再編した、将来を見据えた基盤技術開発をさらに発展させることができる大学院博士課程です。「生命機能・ファイバー工学専攻」「システム開発工学専攻」「物質創成科学専攻」「山岳地域環境科学専攻」「生物・食料科学専攻」の5つの専攻に分かれています。

専攻

生命機能・ファイバー工学専攻

本専攻は,「生物機能科学部門」、「ファイバー機能工学部門」、「スマート材料工学部門」、「感性生産システム工学部門」、「スマートデバイス工学産業技術総合研究所連携講座(連携講座)」で構成されています。

システム開発工学専攻

本専攻は「機械システム工学部門」、「電気電子システム工学部門」、「ナノカーボン先端材料工学部門」、「数理情報システム学部門」で構成されています。

物質創成科学専攻

本専攻は「物質解析科学部門」、「分子基盤科学部門」、「分子機能材料工学部門」、「極限材料工学部門」で構成されています。

山岳地域環境科学専攻

本専攻は「大気・水・生物環境科学部門」、「地殻環境科学部門」、「地域環境共生学部門」、「環境創成構築学部門」で構成されています。

生物・食料科学専攻

本専攻は「生物・生命科学部門」、「食資源生産学部門」、「食品科学部門」、そして産学連携講座の「食品創製学講座(連携講座)」で構成されています。