信州大学HOME

facebookenglish

Menu

お知らせ

お知らせ

宮本大樹さん (M1) 日本生体医工学会甲信越支部大会で優秀賞を受賞

2014.11.05

 

  平成26年10月18日に山梨大学工学部にて開催された第34回日本生体医工学会甲信越支部大会において、機械・ロボット学専攻1年 小林研究室 宮本大樹さんが「冠動脈の曲率変化を考慮した模擬血管狭窄部のバルーンカテーテル拡張による変形と流動特性 -狭窄度による影響-」と題して研究発表を行い、優秀賞を受賞しました。

  本研究は、冠動脈インターベンション(心臓カテーテル治療)におけるバルーンカテーテル拡張に伴う血流増加と病変部の変形について、冠動脈を再現した模擬血管を用いて詳細に検討したものです。