信州大学HOME

facebookenglish

Menu

お知らせ

お知らせ

経済産業省 平成24年度「国際標準共同研究開発事業」において3件のテーマが委託先として決定

2012.04.12

経済産業省が公募した平成24年度「国際標準共同研究開発事業」(全15テーマ)において、繊維学部等が提案した3件のテーマが委託先として採択されました。

(採択された各事業は信州大学(繊維学部)と複数の機関による共同プロジェクト)

本学部は、学部の研究分野・領域において、Fii(ファイバーイノベーション・インキュベーター施設)を中核として、「産・学・官」のそれぞれの機関と連携を図り、戦略的な国際標準化に向けた取組みを行っており、「日本の技術の世界スタンダード化」を目指しています。

 

事業の概要と採択されたテーマ等は次のとおりです。

 

○事業の概要

トップスタンダード制度の活用可能性を含め、「知的財産推進計画」において示された特定戦略分野など国際標準化を推進することにより、我が国産業の国際競争力強化に資する分野について、標準化のフィージビリティスタディから標準化のための研究開発、実証データや関連技術情報の収集など作業項目を調整しつつ、複数の者による共同プロジェクトにより実施した上で、国際規格原案の作成・提案を行うことを目的としています。

また、トップスタンダード制度を活用するものにあっては、提案後のフォローアップまで行うことを目的としています。

 

 

○採択されたテーマ等

テーマ名:有機EL、有機薄膜太陽電池用ポリマーフィルムの水蒸気バリア性評価技術に関する国際標準化

採択事業者:一般社団法人バリア研究会、国立大学法人信州大学、次世代化学材料評価技術研究組合

 

テーマ名:電子ペーパーに関する国際標準化

採択事業者:社団法人ビジネス機械・情報システム産業協会、国立大学法人信州大学、国立大学法人名古屋大学

 

 

テーマ名:ナノファイバーの評価に関する国際標準化フィージビリティスタディ

採択事業者:社団法人繊維評価技術協議会、国立大学法人信州大学

 

 

<参考>

平成24年度「国際標準共同研究開発事業」に係る委託先の採択結果について

http://www.meti.go.jp/information/data/c120326bj.html

 

平成24年度「国際標準共同研究開発事業」に係る委託先の公募について

http://www.meti.go.jp/information/data/c120130cj.html

 

Fii(ファイバーイノベーション・インキュベーター施設)

・我が国の産学官の各界から高い技術力を持つ多方面で優秀な技術集団を集結させ、自由闊達に国際的な視点で連携し、新産業の創出に資する先進技術開発・ビジネス発進を行うための施設

http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/textiles/fii/