信州大学HOME

facebookenglish

Menu

国際交流推進室

繊維学部の国際交流

繊維学部国際交流推進室では、国際交流を戦略的に計画し推進するため以下の様な活動を行っています。

  1. 海外の大学・研究機関との学術交流協定の締結
  2. 国際交流に関するプロジェクトおよび外部資金の獲得
  3. 交流協定校との共同研究や教育連携に関するプログラムの立案と推進
  4. 海外の大学・研究機関との学生や教員の派遣招聘
  5. 上田キャンパスに在籍する留学生の支援
  6. 国際交流活動に関する情報の発信


繊維学部では、学術交流協定を締結した海外の大学・研究機関(大学間・学部間)との間で、繊維科学・ファイバー工学分野を中心に、さまざまな交流活動を行っています。

1.単位互換制度にもとづく学部生・大学院生の交換留学
セメスター2名以内を原則に1年以内の期間で相互に学生の送り出し、受入れを行っています。自校の正規生として授業料を納めていれば、相手校に留学する際の、検定料、入学金、授業料は不徴収となります。フランス国立繊維工芸工業高等学院(ENSAIT)との間では、大学院修士レベルでダブルディプロマプログラムを実施しています。

2.研究者の派遣と招聘
短期滞在による集中講義・セミナーの実施、サバティカル休暇期間を利用した長期滞在による共同研究、講義担当などを相互に実施しています。

3.国際学会・シンポジウムの主催
定期的に先端繊維国際会議を主催し、交流協定校から著名な研究者を招待して、繊維科学・ファイバー工学分野の情報発信および学術交流を推進しています。繊維の三大教育研究拠点として連携している米国ノースカロライナ州立大学、英国マンチェスター大学との間で、定期的に三極会議を開催しています。