信州大学HOME

facebookenglish

Menu

国際交流推進室

交換留学制度

ダブルディグリープログラム

 ダブルディグリー(二重学位)は、大学・大学院の学生が所属校で一定期間修学後、海外の他大学に留学し所定のカリキュラムを修了することにより、母校の学位と留学先の学位を同時に取得できる制度です。繊維学部では、2007年にフランス国立繊維工芸工業高等学院(l'Ecole Nationale Superieure des Arts et Industries Textiles: ENSAIT)との間で、大学院修士課程レベルのダブルディグリープログラムの実施協定を締結しました。
 ENSAITはフランスの技術系高等教育研究機関の頂点にあるグランゼコール"Grandes Ecoles"の一校であり、1889年の創立以来、フランスにおける繊維関係の教育および研究のリーダーとしての役割を担ってきました。また、繊維工業界との連携を重視し、多くの民間企業との共同研究が行われています。
 本ダブルディグリープログラムの学修スケジュールを下図に示しました。修士学位を取得するのに必要な年限に1年を追加してプログラムを履修することにより、両校の学位を同時取得できるように設計されています。繊維学部学生の場合には、大学院修士課程に入学後、通算3年間在籍し,その間1年目後期から3年目前期までの2年間ENSAITに留学して学修を行うことにより,信州大学大学院の修士(工学)およびENSAITのDiplome d'Ingenieurの両学位を取得できます。

ダブルディグリープログラムの主要な要件
1.信州大学大学院の授業料を3年間納付する必要があります。ENSAITに留学する2年間の入学金,授業料は不徴収となります。
2.ENASIT留学に要する往復旅費,生活費,保険費用については自己負担となります。
3.原則としてENSAITではフランス語の授業を受けることになりますので,事前にフランス語の勉強が必要となります。また,ENSAIT留学期間もフランス語の学習コースが設定されています。ENSAIT留学前に必要なフランス語の力が身についているか,ENSAIT側プログラムコーディネーターの確認を受ける必要があります。
4.ダブルディグリープログラムへの参加意思を留学開始の1年前(大学院修士課程合格時)に示し,準備を始める必要があります。

 繊維学部では,ダブルディグリープログラム参加希望学生を支援するため、週2回のフランス語講座を実施しています。

ダブルディグリープログラムの学修年次スケジュール

信州大学学生に対する学修スケジュール

  ダブルディグリー
信大 ENASIT
7年次 セメスター14  
  セメスター13
6年次   セメスター12
  セメスター11
5年次   セメスター10
セメスター9  
4年次 セメスター8 学部(学士)
セメスター7
3年次 セメスター6
セメスター5
2年次 セメスター4
セメスター3
1年次 セメスター2
セメスター1
  高等学校卒業  

ENASIT学生に対する学修スケジュール

  ダブルディグリー
ENASIT 信大
6年次   セメスター12
  セメスター11
5年次   セメスター10
  セメスター9
4年次 セメスター8  
セメスター7  
3年次 セメスター6
セメスター5
2年次 セメスター4 グランゼコール準備学級
セメスター3
1年次 セメスター2
セメスター1
  高等学校卒業  
  • 大学院の教育
  • 教員一覧
  • 特色ある取り組み
  • 企業・一般の方へ
  • 在学生の方へ
  • 保護者・卒業生の方へ