フランス語学・フランス文学分野

フランス語学・フランス文学分野

フランス語とフランス文化について学ぶことはとても楽しく有意義なことです。当分野では、文学、哲学、思想、芸術、食文化、ファッション、観光にいたるまで、長い歴史と伝統を誇る国フランスについてその言語と文化の諸相を学んでいきます。美しく論理的で明晰なフランス語を学ぶことは広く世界のフランス語圏の諸国にも目を向けることでもあります。豊かな教養とすぐれた国際感覚を身につけたいと思っている皆さんには、是非当分野において、フランス語とフランス文化を深く学んでもらいたいと希望しています。

教員紹介

フランス語学・フランス文学分野 BLOG

一覧を見る


第29回シャンソン研究会開催報告

シャンソン研究会の設立の経緯と活動状況について

第28回シャンソン研究会報告

教員 BLOG


シンポジウム報告集Balzac et aliiの電子出版

シンポジウム報告集Balzac et aliiの電子出版

『アンチモダン 反近代の精神史』刊行について

哲学的解釈学からテクスト解釈学へ

分野紹介

教育目標

教育目標

当分野では、フランス語の学習をとおしてフランス文学をはじめ幅広くフランスの言語文化を学んでいきます。
ヨーロッパの中心に位置するフランスは、長い歴史と伝統を誇り、豊かな文化を有する文化大国です。フランス語はヨーロッパのみならず、アフリカ諸国、中近東、カナダ、中米、オセアニアなど世界各地のフランス語圏の国や地域で広く使われている言語です。
フランス語を学習することは、広く世界の諸国や諸地域に目を向けることでもあるのです。
英語だけではなく、それ以外の他の外国語や外国文化に触れることは、多角的な視野と柔軟な思考法を身につける上でとても大切です。数ある言語の中でもとりわけ論理的かつ明晰なフランス語を習得し、人間性探求の文学といわれるフランス文学を学ぶことは、本学部が目標にしている実践知を養っていくことにもつながります。ゆえに当分野でフランス言語文化を学ぶ意義は大きいといえます。

教育内容

フランス言語文化概論 フランス文学史を中心に、中世から現代までの時代背景を概観し、フランスの歴史、社会、文化、言語、フランス人の思考様式などへの理解を深めます。フランス語の変遷やフランス文学の流れとその特質について触れ、フランスの多様な言語文化の諸相を総合的に考察します。1年生から受講できます。
フランス言語文化特論 フランスの言語や文学、文化について深く考察することにより、異文化への理解を深め、多元的かつ柔軟な受容力、思考力を養います。フランスの歌、詩、小説、戯曲など文学作品の諸相を探求していきます。
フランス言語文化基幹演習 フランス語力を磨き、フランス語の読解力を身につけながら、フランスの言語文化の基礎知識を習得します。フランス語の簡単なテキストの精読を中心に進めていきます。
フランス言語文化発展演習 フランス文学作品を精読することにより、フランス語力(特に読解力)を養うとともに、文学研究の方法論を学んでいきます。
西洋文化事情 フランス文化の諸相を知ることにより、異文化理解を深め、多角的な判断力と柔軟な受容力を養います。フランス文化の多様性について、社会、歴史、芸術等、様々な角度から考察していきます。随時、ビデオ教材等を用いてフランス文化の諸相を紹介していきます。フランス人講師が担当します。
フランス語コミュニケーション・中級 フランス語の基礎的な運用能力を養い、フランス語で簡単な会話ができるようにします。仏検3級合格レベルを目指します。
フランス語コミュニケーション上級 フランス語の運用能力をさらに磨いていきます。併せて、フランス語圏の文化についても理解を深めます。フランス留学を希望する学生には必須の授業です。ネイティヴのフランス人講師が担当します。
留学について フランスのラ・ロッシェル大学、リール大学、リトラル・コート・ドパール大学との間に学術交流協定が結ばれており、交換留学を推奨しています。これまでの当分野の派遣実績は、ラ・ロッシェル大学へは2003~2004年度1名、2005~2006年度1名、2006~2007年度1名、2008~2009年度2名、2009~2010年度2名、2010〜2011年度1名、2011〜2012年度1名、2015〜2016年度2名、2016〜2017年度2名を派遣予定。リール大学へは2016〜2017年度に2名です。ベルギーのカトリック大学ルーヴェンにも当分野からこれまでに4名の仏文生を交換留学に派遣しています。取得した単位は互換され、卒業単位として認定されます。

他の分野も見る

ページの先頭へもどる