平成30年度全国大学附属農場協議会秋季全国協議会において齋藤治技術専門職員が技術賞を受賞

トピックス

受賞した齋藤治技術専門職員(写真左)と協議会長
受賞した齋藤治技術専門職員(写真左)と協議会長

2018年9月13日(木)~14日(金)、明治大学駿河台キャンパス(東京都)にて開催された平成30年度全国大学附属農場協議会秋季全国協議会において、本学部の齋藤治技術専門職員が全国大学農場技術賞を受賞しました。受賞した技術業績は、「資源循環型農業を目指す大学農場における教育・研究への貢献」です。特に、黒毛和種の繁殖をベースにした一貫生産、地域の食品製造粕を用いた黒毛和種の飼養、木質チップを用いた家畜糞尿の堆肥化と牧草・飼料作物および水稲、ソバ等の作物栽培、園芸作物での利用の取り組みなど、大学農場における資源循環型農場の構築を目指した取り組みが評価され、今回の受賞となりました。

« 前の記事へ

お知らせ一覧にもどる

次の記事へ »

a