高谷智英助教が第18回日本抗加齢医学会総会最優秀演題賞を受賞

トピックス

受賞した高谷智英助教
受賞した高谷智英助教
表彰状
表彰状

平成30年5月25日~27日に大阪国際会議場(大阪市)で開催された、第18回日本抗加齢医学会総会において、分子細胞機能学研究室の高谷智英助教が最優秀演題賞を受賞しました。

本研究では、骨格筋芽細胞の分化を誘導するオリゴDNAと、その増強剤であるアルカロイド分子の複合体について、塩基配列・分子構造と生理活性の相関を詳細に解析しました。超高齢社会で増加するロコモティブ症候群の予防に有用な新規分子の開発につながることが期待され、今回の受賞となりました。

受賞対象となった研究は以下の通りです。

「骨格筋分化を誘導する新規オリゴDNAの同定と機能解析」

〇高谷智英1,2、進士彩華2、梅澤公二1,2、下里剛士 3
(信州大学 1バイオメディカル研究所、2農学部、3菌類・微生物ダイナミズム創発研究センター)

« 前の記事へ

お知らせ一覧にもどる

次の記事へ »

a