黄宸佑さんが2018年度日本畜産学会奨励賞を受賞

トピックス

受賞した黄宸佑さん(右)と指導教員の竹田准教授(左)
受賞した黄宸佑さん(右)と指導教員の竹田准教授(左)

平成30年3月28日に東京大学農学部で開催された、日本畜産学会において、本学研究員の黄宸佑(こうしんゆう)さん(動物行動管理学研究室)が、「ヒツジにおける羊毛食い行動の発現要因およびその制御に関する研究」で2018年度日本畜産学会奨励賞を受賞しました。公益社団法人 日本畜産学会は、畜産に関する学術研究の発表、情報の交換の場としてその進歩普及を図り、もって学術、文化の発展に寄与することを目的に、1924年に設立されました。奨励賞は、畜産学に関する優れた研究をなし、なお将来の進歩が期待される満35歳未満の会員を対象に、毎年5名以内に贈られます。

« 前の記事へ

お知らせ一覧にもどる

次の記事へ »

a